庭に立水栓、水栓柱の設置工事したい方~取り付け費用やdiyでも設置できるか解説

立水栓、水栓柱の設置工事や費用について

立水栓、水栓柱の設置工事と費用について

庭や洗浄スペースがあるのに外に蛇口がなくて不便!
そんな方におすすめなのが、立水栓、水栓柱の設置工事です。

今回は、立水栓、水栓柱の設置工事の流れから費用相場まで詳しく解説いたします。
庭に蛇口を取り付けたいと思っている方は是非ご覧ください。

庭にある蛇口 立水栓、水栓柱とは

庭にある蛇口 立水栓、水栓柱とは

庭に取り付けられている蛇口と言えば、立水栓、水栓柱です。
腰辺りのサイズに蛇口がついており、バケツに水を溜めたり、ホースを装着して使ったりと使用用途は豊富です。

物や工事条件によってはお手頃価格で取り付けられるので是非検討してみてください。

立水栓、水栓柱の取り付け費用相場

立水栓、水栓柱の取り付け費用相場

立水栓、水栓柱の取り付け費用の相場は3~6万円が目安となります。
設置する商品によって価格も異なりますが、庭のどの位置に取り付けるかによっても料金が変わってきます。

当社では安心価格でご提供しておりますので、気になる方はお電話からお問合せ下さい。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

配管の長さによって費用も異なる

配管の長さによって費用も異なる

立水栓、水栓柱は自宅の給水管を分配して水が流れるようにし、排水マスに排水管を繋げる必要があります。
設置する蛇口の距離が、住宅の水道管と遠ければ遠いほどが長さが必要になるため費用も高くなります。

取り付ける商品選びも費用において重要な要素ですが、どの位置に立水栓、水栓柱を設置するのかも大切となります。

立水栓、水栓柱の工事方法

立水栓、水栓柱の工事方法

ここからは、立水栓、水栓柱の設置工事を依頼した場合、どのような流れで工事が進むのかを解説していきます。
作業時間として半日~1日はかかるので、時間に余裕を持って依頼するようにしましょう。

水道業者に相談~立水栓 設置の流れ①

水道業者に相談~立水栓 設置の流れ①

まずは、水道管の位置の調査と見積もりを兼ねて、水道業者に依頼します。
立水栓、水栓柱の取り付け費用は業者によって異なるので、信頼のおける会社に依頼するようにしてください。

もしも、立水栓、水栓柱を取り付けしてもらう業者が決まっていないのであれば、お気軽に水のレスキューまでご相談ください。
お客様の要望に寄り添い、丁寧に作業をさせていただきます。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

立水栓、水栓柱を取り付ける位置を決める~立水栓 設置の流れ②

立水栓、水栓柱を取り付ける位置を決める

立水栓、水栓柱を設置する大まかな場所を決定していきます。
取り付ける位置は、庭の蛇口を主に何に使うのかをイメージして決めましょう。

また、イタズラ防止のために外から触れにくい場所が良いです。
取り付ける位置に関しては、アドバイスもできますので現地でお気軽にご相談ください。

給水管、排水管の位置を確認する~立水栓 設置の流れ③

給水管、排水管の位置を確認する~立水栓 設置の流れ③

立水栓、水栓柱の取り付け位置が決まったら、給水管や排水管の位置を確認します。
水道管の位置を確認することで、どのくらいの長さのパイプが必要なのか、穴をどの程度掘る必要があるのかがわかります。

工事料金の見積もりを確認する~立水栓 設置の流れ④

工事料金の見積もりを確認する~立水栓 設置の流れ④

取り付け位置、水道管の位置、穴の深さなどを確認出来たらほぼ正確な見積もりを確認することができます。
悪質な水度修理業者の場合、不明確なことが多い状態で見積もりを出し、工事前後に料金の変更を告げることもあるのでご注意ください。

掘り進めて、分配位置を決める~立水栓 設置の流れ⑤

掘り進めて、分配位置を決める~立水栓 設置の流れ⑤

見積もりに問題なければ、立水栓、水栓柱の取り付け工事を開始します。
給水管の位置を確認し、分配作業を開始します。

立水栓、水栓柱を立てる~立水栓 設置の流れ⑥

立水栓、水栓柱を立てる~立水栓 設置の流れ⑥

庭の指定された位置に立水栓、水栓柱を立てます。
立てる際は穴を掘る必要があるため、コンクリートの場合は削る音などが出ます。

給水管と立水栓を繋げる~立水栓 設置の流れ⑦

給水管と立水栓を繋げる~立水栓 設置の流れ⑦

設置した給水管と立水栓を繋げます。
これで、蛇口をひねればいつでも水が出るような状態となりましたが、排水管がないため下に水たまりが溜まってしまいます。

排水管と立水栓を繋げる~立水栓 設置の流れ⑧

排水管と立水栓を繋げる~立水栓 設置の流れ⑧

続いて、立水栓用の防水パンの排水口と排水管を繋げて水たまりができないようにします。

水漏れがなければ作業完了~立水栓 設置の流れ⑨

水漏れがなければ作業完了~立水栓 設置の流れ⑨

最後に水を出して、立水栓や給水管などから水漏れが起きなければ設置工事の完了です。

立水栓、水栓柱の種類

立水栓、水栓柱の種類

立水栓には様々な機能性を持った製品や、おしゃれなものまで幅広く販売されています。
実用性の高いものから、アンティークとして扱える立水栓まで幅広くご紹介いたします。

冬場の凍結を防ぐ 不凍立水栓

立水栓、水栓柱の問題として冬の寒い時期になると蛇口が凍ってしまうというトラブルが起こることがあります。
そこでおすすめしたいのが不凍立水栓と呼ばれる、凍結防止の機能を備えた蛇口です。

冬は冷え込むという地域なら、不凍立水栓を選んでみてはいかがでしょうか?

おしゃれなアンティーク立水栓

庭や家とデザイン性を統一したいという方に選んでほしいのが、おしゃれやアンティーク性を重視した立水栓です。

レンガ調のもの、アルミ製のものなど多くの材質、色合いの製品が販売されているので、是非ご自宅に合う一本を探してみてください。

メーカーごとの立水栓を見てみよう

立水栓、水栓柱はカクダイ、タキロン、リクシルといった大手住宅設備メーカーからも販売されています。
シンプルなものから、シャワー付き水栓など多くの蛇口が販売されているので、各メーカーの製品ページも見てみることをおすすめします。

立水栓、水栓柱をdiyや自分で設置する方法

立水栓、水栓柱をdiyや自分で設置する方法

実は、立水栓や水栓柱はdiyで設置することもできます。
ただし、蛇口交換や水漏れ修理と比べると作業の難易度は高く、給水管、排水管の仕組みや施工を理解していないと失敗してしまう可能性があります。

水道業者への依頼を推奨していますが、挑戦してみたいという人は下記を参考にしてみてください。

立水栓設置に必要な道具を揃える

立水栓設置に必要な道具を揃える

立水栓本体以外に分配用のパイプ、パイプ接着剤やパイプソーが必要となります。
また、穴を掘るためのシャベルも必須なので忘れずに準備しましょう。

工事方法と同じ手順で設置する

工事方法と同じ手順で設置する

diyで立水栓、水栓柱を設置する場合でも工事方法は基本的に同じです。
初めての作業は時間もかかるため、念のため午前中、午後と時間の取れる日に作業をするようにしましょう。

水漏れしていないかの確認を徹底して行う

水漏れしていないかの確認を徹底して行う

立水栓、水栓柱の取り付け後は念入りに水漏れが起きていないかを確認してみてください。

目に見えるような水漏れならすぐに気づきますが、少量の水漏れは気づきにくいのでタオルなどで拭きながら確認するようにしましょう。

立水栓、水栓柱を庭に設置したい方は水のレスキューへ!

立水栓、水栓柱を庭に設置したい方は水のレスキューへ!

今回は、自宅の庭に立水栓や水栓柱を設置する方法について解説させていただきました。
具体的な設置費用を知りたいという方は、いつでも24時間対応の水のレスキューまでお電話ください。

ご相談から設置作業まで何でも承ります。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら