壊れて戻らないレバーハンドルを自分で修理・交換する方法

自分でできる空回りしたり元の位置に戻らないレバーハンドルを修理・交換する方法

お風呂場の蛇口や混合水栓の交換方法について

トイレレバーが壊れて戻らない、トイレレバーが故障して水が流れ続けている!
今回はそんなトイレレバーに関するトラブルを自分で解決する方法をご紹介いたします。

修理方法から交換方法まで1つ1つ丁寧に解説いたしますので、この機会にぜひ作業に挑戦してみてください。

トイレレバーが壊れると起きるトラブル

トイレレバーに関する水トラブルの一例

トイレレバーが壊れたり、不具合を起こすといくつかの水トラブルが発生します。
もしも、これから紹介するようなトラブルが起きている場合は、トイレレバーの修理を行ってみましょう。

トラブル1 トイレレバーから水が漏れている

蛇口交換の費用はどのくらい?

トイレレバーのパッキンが劣化すると水漏れが起き、レバーの接続部の穴から水が漏れだします。
内部のパッキンを交換することで水漏れを止めることができます。

トラブル2 トイレレバーが空回りして水が流れない

トイレレバーを回しても水が流れない

トイレレバーを回しても引っかかりがなく空回りしてしまい、タンク内の水が流れないトラブルもよく起こります。
タンク内にあるトイレレバーとゴムフロートをつなぐチェーンが外れてしまっている可能性が高く、チェーンを繋ぎなおすことで修理できます。

トラブル3 トイレレバーが正常な位置に戻らない

レバーが正常な位置に戻らない

トイレレバーを回した後、劣化により正常な位置にまで戻らないことがあります。
すると、タンク内の排出口が開いた状態となり、トイレの水がチョロチョロと流れ続けた状態になります。

 

自分でトイレレバーを購入すれば安く修理できる

トイレレバーを購入すれば安くなる

トイレレバーの修理や交換は自分でも行うことができます。
ホームセンターやメーカー公式サイトでトイレレバーのみを購入することができ、仕様する工具もマイナスドライバーやレンチなので身近なもので作業ができます。

トイレレバーを買う時の注意点

トイレレバーを買うときの注意点

メーカー別に販売されていたり、自動洗浄用のトイレレバーなども販売されているので、購入時には自宅のトイレタンクに装着できるものを選んでから購入する必要があります。
同じメーカーで、形に対応したものを選ぶことをお勧めします。

トイレレバーで起きるトラブルの解決方法

トイレレバーのトラブルを修理と交換で解決しよう

ここからは、それぞれのトラブルごとの解決方法についてご紹介いたします。
もう一度、どのような水トラブルが起きているのかを確認して適切な対処方法を取ってみましょう。

1.トイレレバーからの水漏れ
2.トイレレバーが空回りする
3.トイレレバーが元の位置に戻らない

水漏れが起きる時はトイレレバーのパッキンを交換

トイレレバーの水漏れを解決する方法

水漏れ時の対処方法はトイレレバーのパッキン交換になります。
レンチと交換用のパッキンを準備することができれば、短い時間で修理することができます。

step1 止水栓を閉める

STEP01 止水栓を閉める

水回りの修理に欠かせないのが止水栓を閉めるという作業です。
トイレの止水栓を閉めることで、一時的にトイレタンクへの給水を止めることができ、安全に作業が行えます。

step2 トイレタンク内の水を抜いておく

STEP02 トイレタンク内の水を抜いておく

止水栓を閉めたら、一度トイレレバーを回して、タンク内の水を抜きます。

step3 トイレタンクの蓋を外す

STEP03 トイレタンクの蓋を外す

トイレタンクの蓋を外します。
手洗い管が備え付けられている蓋の場合は、少し強い力で引っ張ると外すことができます。

トイレタンクから蓋を外した状態

step4 トイレレバーとゴムフロートのチェーンを外す

STEP04 トイレレバーとゴムフロートを繋ぐチェーン

トイレタンクを確認すると、トイレレバーの先にチェーンでゴムフロートが繋がっています。
チェーンを外して、トイレレバーを取り外せる状態にします。

トイレレバーとゴムフロートを繋ぐチェーンを外した

step5 トイレレバーの固定ナットを外す

STEP05 トイレレバーの固定ナットを外す

タンクの内側にトイレレバーを固定しているナットがあるので、レンチを使用して外します。

step6 トイレレバーのパッキンを交換する

STEP06 トイレレバーのパッキンを交換する

新品のパッキンに交換

トイレレバーを外した部分にパッキンがあるので交換しましょう。

step7 元に戻して水漏れ修理完了

STEP07 トイレレバーを元に戻す

トイレレバーを元に戻し、止水栓を開けたら水漏れしないか確認します。
水漏れが収まっていれば修理完了です。

トイレレバーの水漏れ修理完了

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

2.空回りする場合はトイレレバーのチェーンを取り付けなおす

トイレレバーを回しても空回りする時の対処方法

トイレレバーを回して空回りしてしまう場合は、内部のゴムフロート連結用のチェーンが外れてしまっている可能性が高いです。
チェーンを取りつけなおすことによって、空回りしなくなり正常に水が流れるようになります。

step1 止水栓を閉める

STEP01 止水栓をマイナスドライバーで占める

まずは、安全に修理作業を進めるためにトイレの止水栓を閉めます。
マイナスドライバーを時計回りに回すことで、止水栓を閉めることができます。

step2 トイレタンク内の水を抜いておく

STEP02 トイレタンク内の水を抜く

トイレレバーを回して、タンク内の水を抜きましょう。
止水栓を閉めているので、タンク内の水を流しても給水されなくなっているはずです。

step3 トイレタンクの蓋を開ける

STEP03 トイレタンクの蓋を開ける

トイレタンクの蓋を開けます。
タンクの蓋も陶器でできているので、扱う際は割れないように慎重に取り扱いましょう。

トイレタンクの内蓋を開ける

step4 トイレレバーとゴムフロートのチェーンを接続しなおす

STEP04 トイレレバーのチェーンの長さを調整する

タンクの内部を確認すると、トイレレバーのチェーンが外れてしまっているはずです。
トイレレバーにゴムフロートのチェーンを取り付けなおしましょう。

トイレレバーのチェーンの長さ調整に関して

トイレレバーのチェーンのなさが調整について

チェーンはただ取り付ければ良いという訳ではありません。
取り付け後の長さを調整することによって、トイレに流れる水の量を調整することができます。

step5 トイレタンクの蓋を閉めて、止水栓を開ければ作業完了

STEP05 トイレタンクの蓋を閉めてトイレレバーの修理完了

トイレタンクの蓋を閉めて、止水栓を閉めれば作業完了です。
トイレレバーを回してみて、空転せずに水が流れるかどうかを確認しましょう。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレレバーが通常の位置に戻らない場合は交換する

トイレレバーが正常な位置に戻らない場合の解決方法

トイレレバーを回した後、元の位置に戻らない場合、先ほど紹介したチェーンの長さを調整しても駄目なら、トイレレバーを交換も考えてみてください。
長年使用しているとパッキンだけでなくレバー本体の劣化により、正常な位置に戻らなくなります。

もしも、チェーンを調整しても直らない場合は、トイレレバーの交換を行ってみましょう。

step1 止水栓を閉める

まずは止水栓を閉める

まずは、トイレタンクの止水栓を閉めましょう。
マイナスドライバーがあるとスムーズに作業を行うことができます。

step2 トイレタンク内の水を抜いておく

STEP02 トイレタンク内の水を抜いておく

トイレレバーを回して、タンク内の水をできる限り出します。
また、止水栓を閉めているため、トレイタンクに水が溜まらなくなっているはずです。

step3 トイレタンクの蓋を外す

STEP03 トイレタンクの蓋を外す

トイレタンクの内蓋も外す

トイレタンクの蓋を持ち上げて外しましょう。

step4 トイレレバーとゴムフロートのチェーンを外す

STEP04 トイレレバーに繋がっているチェーンを外す

トイレレバーの先端を見ると、ゴムフロートのチェーンと繋がっています。
チェーンを外して、トイレレバーを取り外せるようにしましょう。

step5 トイレレバーの固定ナットを外す

STEP05 トイレレバーの固定用ナットを外す

トイレタンクの内側にトイレレバーを固定するナットがあります。
レンチを使用して、ナットをゆるめることでトイレレバーを外すことができます。

step6 古いトイレレバーを取り外し、新しものに交換する

STEP06 古いトイレレバーを外す

古いトイレレバーを取り外したら、準備しておいた新しいトイレレバーに交換しましょう。
固定ナットをしっかりと閉め、ゴムフロートのチェーンを取り付けましょう。

新しいトイレレバーを取り付ける

交換したトイレレバーにチェーンを取り付ける

チェーンも取り付けます。

step7 蓋と止水栓を元に戻して作業完了

STEP07 蓋を戻して作業完了

トイレタンクの蓋と止水栓を開けたら、トイレの水がしっかりと流せるか確認しましょう。
もしも、水の流れる量が弱いなどの問題が起きた場合は、ゴムフロートのチェーンの長さを調整する必要があります。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

自分で修理ができなかった場合は水のレスキューへご相談ください

トイレレバーと簡単な工具で修理や交換ができますので、是非お試しください。
もしも、トイレレバー修理や交換を試してみても水トラブルが解決しなかった場合は、水のレスキューまでお気軽にご相談ください。
お客様の元へお伺いし、丁寧に交換修理の作業を行わせていただきます。

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら