【写真でわかりやすい】自分でできるウォシュレットの取付け方法

自分でできるウォシュレットの取り付け方法

自分でウォシュレットを取り付けてみましょう

自分でウォシュレットを取り付けてみよう

自宅のトイレにウォシュレットを取り付けたいと思っている方で、下記のようなお悩みを持っていませんか?

トイレにウォシュレットを取り付けたいけど、業者に頼まないといけないの?
自分で取り付けることができれば安く済むんだけどな・・・

実は、取り付け方法さえわかっていれば、自分でウォシュレットを設置することができるんです。
今回は、わかりやすく丁寧にウォシュレットの取り付け方法を解説させていただきます。

ウォシュレットの取り付けが難しそうなら業者へ頼もう

ウォシュレットの取付なら水のレスキューへ

ウォシュレットは取り付けの際に、工具を使ったり、給水管を外す作業があります。
無理に作業を進めると水漏れが起きたり、ウォシュレット本体を壊しかねないので、作業は慎重に進めてください。

もし、途中で難しいと感じたら水のレスキューまでお電話ください。お客様ご自身で準備されたウォシュレットをいつでも取り付けさせていただきます。

ウォシュレットの取り付け方法(例:TOTO/TCF6542A#NW1)

TOTO/TCF6542A#NW1

今回、ウォシュレットの取り付け例として、TOTOのウォシュレットTCF6542A#NW1をご準備しました。
ウォシュレットTCF6542A#NW1の開封から取り付けまで解説させていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。

同じ商品でなくても、同じ要領で取り付けることができます。

ウォシュレット取り付け前に確認すべきこと

ウォシュレットの取り付け前に確認すべきこと

まずはじめに確認しておくべき注意事項がいくつかありますので、それらを一緒に確認してみましょう。
状況や環境によっては、ウォシュレットの取り付けができない場合もあるので、購入前にご確認ください。

 

確認事項その1 トイレにコンセントはありますか?

トイレにコンセントがあるかどうか

ウォシュレットを使用するには、電源プラグを差し込む必要があります。
メーカーによってプラグの長さは異なりますが、およそ0.9m~1.2m以内にコンセントがあれば問題ありません。

コンセントがない場合は、電源コンセントの設置が必要になりますので、お気軽に当社までご相談ください。

ウォシュレットを取り付けられるトイレですか?

トイレの形によっては、ウォシュレットの取り付け・交換ができない場合があります。
取り付け早見表を準備しましたので、これから作業するトイレで作業できるかどうかご確認ください。

隅付トイレタンクの場合は給水管の長さを確認してください

隅付タンクの場合は長さが必要

写真のような隅にトイレタンクが付けられている場合、給水管の長さが12cm以上あるかどうかを確認してください。

もし、12cm未満だった場合は、ウォシュレットに付属している分岐止水栓が取り付けられないことがあるため、専用の分岐金具を準備する必要があります。

ウォシュレットを取り付ける空間は確保できていますか?

取付空間スペースの確保

購入するウォシュレットによって必要な幅が異なります。便器を中心に寸法を測ってみましょう。
幅に余裕がないとうまく動作しないことがあるのでこちらも要注意です。

以上が、ウォシュレットの購入・取り付け前に確認しておくべき注意点でした。全て問題ないようであれば、予算に合わせたウォシュレットの購入を行いましょう。

オススメのウォシュレット・シャワートイレ

おすすめのウォシュレットやシャワートイレについて

まだ、購入したいウォシュレットやシャワートイレが決まっていないという方は、水のレスキューの水道技師が自信を持ってオススメできる商品をランキング形式でまとめておりますので、ぜひご参考ください。

STEP1 ウォシュレットに必要な部品が揃っているか確認する

ウォシュレット取り付けに使う部品

いよいよ、購入したウォシュレットの取り付けを行っていきます。 購入した製品を開けて、取り付けに必要な道具が揃っているか確認してみましょう。

①ウォシュレット本体
②ベースプレート
③分岐金具(付属パッキン)
④リモコン
⑤電池
⑥リモコン取付用の釘
⑦取扱説明書
⑧延長保証制度の案内

ウォシュレットの取り付けに使用する工具

ウォシュレットの取り付けに使用する工具は下記の通りです。

①レンチ
②プラスドライバー
③マイナスドライバー

STEP2 便座を取り外す

便座を取り外す

既存の便座を取り外します。多くの便座が、便器の裏部分からナットで固定されているので、スパナやレンチを使用して取り外します。

便器の化粧カバーを外す

便座を固定しているナットは、便座の裏側に設置されています。
便器によっては、写真のように化粧カバーを外す必要があります。

便座固定ナットを外す

便座固定ナットを外した状態

便座を固定しているナットを取り外しました。便座は2個所のナットで固定されているので全て取り外します。

便座固定ナットを2個所外す

便座を持ち上げて取り外す

固定ナットを取り外したら、便座を持ち上げるようにして取り外します。

 

STEP3 便器にウォシュレットのベースプレートを取り付ける

ウォシュレットのベースプレートを取り付ける

付属品のベースプレートを便器に取付けます。まずは、便器の長さを測りましょう。

便器の寸法を測る

ベースプレートは様々な便器サイズに調整できるように作られているので、寸法を測って最適な位置で取り付けます。

ベースプレートを取り付ける

ベースプレートの前後を確認する

寸法によってベースプレートの固定位置が異なる

普通サイズの便器は44cmでネジが前の方に来るように取り付けます。

寸法が47cmだった場合は、大型サイズの便器となるので写真のように中央に配置します。

ベースプレートを固定する

ナットの締付が緩いとウォシュレットを取り付けた際に、グラグラと揺れ動くのでしっかりと取り付けます。

ベースプレートの取付完了

左右のネジを固定したら、ベースプレートの取付は完了です。

 

STEP4 止水栓を閉める

止水栓を閉める

ここからは給水管の取り外し作業を行うので、マイナスドライバーを使って止水栓を閉めます。これで、給水管を取り外しても水が漏れだすことはありません。

ハンドルタイプの止水栓の閉め方

ちなみに、止水栓の種類によってはマイナスドライバーではなくハンドルで閉めることのできるタイプもあります。

 

STEP5 トイレタンクに繋がっている給水管を外す

トイレタンクの給水管を外す

まずは、止水栓に繋がっているトイレタンクへの給水管を外します。

この時に止水栓がしっかりと閉められていない場合、水漏れが起こりますので気を付けましょう。

STEP6 止水栓に分岐金具を取り付ける

分岐金具を準備する

止水栓に繋がっている給水管を外し、分岐金具を取り付けます。
分岐金具によって、トイレタンクとウォシュレット本体の両方に水が給水されるようになります。

分岐金具を止水栓に取付ける

分岐金具の取付完了

SETP7 分岐金具にウォシュレットとトイレタンクへの給水管を取り付ける

分岐金具に給水管をつなぐ

分岐金具にウォシュレットとトイレタンクにつなぐ給水管を取り付けます。

ウォシュレットの給水ホースをつなぐ

レンチで固定する

ウォシュレットの給水管を取り付けます。取付があまいと水漏れが起こるので、しっかりと締め付けましょう。

 

STEP8 ベースプレートにウォシュレットを取り付ける

ウォシュレットをベースプレートにはめ込む

便器に取付けたベースとプレートにウォシュレットをはめ込みます。

ベースプレートにはまると音がなる
取り付けた際にカチッと音が鳴ることを確認しましょう。

STEP9 プラグを差し込む

ウォシュレットのプラグを差し込む

ウォシュレットがベースプレートにしっかりと固定したら、電源プラグを差し込みます。

STEP10 動作確認を行う

ウォシュレットの動作確認を行う

ここまで問題がなければウォシュレットは正常に動作するはずです。

ウォシュレット用リモコンに電池を入れる

リモコンを使ってウォシュレットの動作確認
付属のリモコン、もしくは本体の制御ボタンを押してみて、ウォシュレットが正しく動作するか確認してみましょう。

それでは、下記の問題が起きていないか確認してみてください。

給水管から水が漏れていないか確認する

止水栓から水が漏れていないか確認する

止水栓を開けて、トイレタンクの水を流してみましょう。給水管がしっかりと固定されていないと水漏れが起きます。 水漏れが起きている場合は止水栓を閉めて、ナットが緩んでいないか確認してください。

ウォシュレットのノズルから水が出るか確認する

ウォシュレットのノズルが出るか確認する

ウォシュレットの洗浄ボタンを押して水がでるか確認しましょう。この時に、ウォシュレットに接続している給水管から水漏れが起きていないかも確認します。

温水機能がある場合、温水が出ているか確認する

ウォシュレットの温水機能が使える確認する

温水機能も正しく動作しているか確認します。もしも、冷水が出続けるようであればウォシュレット本体の故障が考えられます。一度、メーカーに相談して交換・修理を依頼しましょう。

TEP13 リモコンを取り付ける

リモコン台座を壁に取付ける

動作確認が完了したら、リモコンの取り付けを行います。(製品によってはリモコンがないものもあります。)
リモコンホルダーを壁に取付けるのですが、場所はどこでも構いません。

リモコンを取り付ける

操作性を考えると、便器に座った時、肘の高さと同じか少し上に設置すると、操作しやすくなります。

STEP14 ウォシュレットの取り付け完了

ウォシュレットの取り付け完了

これでウォシュレットの取り付けは完了です。

ウォシュレットの取り付けが上手くいかない場合はご相談ください

ウォシュレットの交換・設置なら水のレスキューへ

給水管の取り外しを行う作業もあるので、ウォシュレットの取り付けが上手くいかない場合はお気軽に水のレスキューまでご相談ください。お客様のウォシュレット持参による取り付け作業にも対応しておりますので、まずはフリーダイヤルまでお電話ください。

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-630-100までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-630-100 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-630-100 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

※平均到着時間はレスキューグループによる出張サービスの平均時間です。

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら