自分でできる蛇口や水道管が凍結した時の対処方法

蛇口が凍った時の対処方法

蛇口やシャワーが凍結した時の解決方法をご紹介

寒さが厳しくなる12~2月頃になると多くのご報告を受けるのが、蛇口や水道管の凍結によるトラブルです。
凍結すると水がでなくなったり、水道管の破裂の原因にも繋がります。

今回は、安全に凍結した蛇口を解凍する方法をご紹介いたしますが、作業中に破裂・破損の可能性も十分に考えられるため、異変を感じたら直ちに作業をストップし水道業者へご連絡ください。

水道管や蛇口が凍結する条件 -4度、日の当たらない場所

水道管や蛇口で凍結が起きる条件

水道管や蛇口が凍結するには一定の条件があります。

  1. ①外の気温が-4度以下になる
  2. ②日の当たらない場所である

この2つの条件が揃うと、凍結トラブルが起きやすく、主に屋外に設置されている蛇口でのトラブルが相次いでおります。
近年では、記録的寒波も多く、日本各地で凍結が起こる可能性があります。

 

もしも凍ったらやってはいけないこと

凍結したらやってはいけない解決方法

もしも、自宅の蛇口が凍結してしまった下記の行動にだけは注意してください。

・熱湯をかけて蛇口を温める
・衝撃を与えて氷を砕く

これらは、蛇口の凍結トラブルを解決するどころか、破裂という最悪な状態を引き起こす原因にもなります。
可能であれば、自然解凍を待つ方が安全と言えます。

 

水道管が破裂してしまった場合は水道の元栓を閉める

水道管が破裂したら止水栓を閉める

水道管が破裂してしまうと、大量の水が溢れだしてきます。また、凍結によって穴が塞がれていることもあるので、直ぐに水漏れは起きず、溶けだした頃に水漏れが起きるケースもあります。

蛇口のハンドルを閉めても水が止められない状況の場合、水道メーター付近にある止水栓を操作することによって水の流れを止めることができます。
ただし、水道メーターの止水栓を操作すると、家全体への給水がストップすることになり、水漏れが起きた蛇口だけでなく、キッチンやトイレといった場所でも水が使えなくなります。

あくまでも応急処置であることを理解し、すぐに修理業者へのご相談をお勧めします。

 

自分で蛇口の凍結を解凍する方法

蛇口やシャワーを解凍する方法

ここからは、屋外の蛇口が凍結した場合の解決方法をご紹介いたします。
最初にもお伝えした通り、作業中に異変を少しでも感じたら、直ぐに作業は停止するようにしてください。

 

準備するもの

蛇口、シャワーの回答に準備するもの

凍結トラブルを自分で解決する場合、身近な物で対処することができます。
作業に必要なものとは、ぬるま湯とタオルです。タオルも通常のフェイスタオルのようなもので良いので、蛇口交換やつまり修理のように特別なものは必要ありません。

 

①蛇口にタオルを巻く

蛇口、シャワーの回答方法1 タオルを巻く

蛇口にタオルを巻く

まずは、蛇口全体にタオルを巻きます。なるべく全体に巻きたいので、タオルは大きめの物を推奨します。

 

②ぬるま湯を準備する

蛇口、シャワーの回答方法2 ぬるま湯を準備する

30から40℃のぬるま湯を準備する

続いてポットにぬるま湯を準備します。温度にして、だいたい30~40℃になります。
指で触ってみて、温かいと感じる程度が良いです。

ぬるま湯でないと危険です!

熱湯ではなく必ずぬるま湯を使用する

温度は必ず守ってください。熱湯の方がすぐに解凍できるのではと思うかも知れませんが、凍った箇所を急速に温めると、破裂する可能性があります。
必ず、ぬるま湯で作業をするようにしましょう。

③ぬるま湯をタオル全体にかけて解凍する

蛇口、シャワーの回答方法3 ぬるま湯をかける

タオルの上からぬるま湯をかける

先ほど巻いたタオルに対して、ぬるま湯をかけていきます。
ぬるま湯であっても直接かけてしまうと、破裂の可能性もあるため、タオルを巻いておく必要があります。

ぬるま湯なので、すぐに解凍できませんが、何度も作業を続けていると解凍されて、水が流れるようになります。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

安全なのは自然解凍

最も安全な方法は自然解凍を待つという方法です。
天候によって左右されますが、自然的で安心と言える方法です。

蛇口が凍結しないための対処方法

蛇口やシャワーを凍らせない凍結防止方法

実は蛇口を凍結させないための予防策もありますのでご紹介いたします。

①水を出し続ける
②保温材を水道管に巻いておく

この2つの方法で蛇口・水道管の凍結を防ぐことが出来ます。

水を流し続けて凍結を防ぐ

水を出し続ける

1つ目の凍結予防策は、蛇口の水を流し続けるという方法です。
少量でも良いので、水を流し続けることによって凍結を防ぐことができます。

デメリットは水を出し続けることによって、水道料金が上がることでしょう。
この方法を試している方は、過去に凍結被害に合って困ったという人が多いとも聞きます。

保温材を水道管に巻いておく

水道管や蛇口に保温材を巻いておく

水道管部分に保温材を撒いておくことで、蛇口の凍結を防ぐこともできます。
状況によっては、それでも凍ってしまうこともあるものの、それなりの対策として効果を発揮します。

蛇口や水道管が凍ったら水のレスキューへご相談ください

特に寒い地域じゃないから凍結する心配はしなくても良いと思っていたのに、記録的な寒波で凍結トラブルが起こるケースも多いようです。
凍ってしまったら、無理に解凍しようとせず、まずは私たちや最寄りの水道業者に状況をご相談してみてください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら