ペットボトル1本でトイレのつまりを解消する方法

ペットボトルでトイレつまりを解消する方法

ペットボトルを使ったトイレつまりの解消方法

トイレがつまってしまったのに、スッポンがない!そんな緊急時に役立つトイレのつまり解消法をご紹介します。

実は、ペットボトルがスッポンの代わりになるってご存知でしたか?

今回は、ペットボトルを使ったトイレのつまり解消方法を解説します。

ペットボトルでトイレつまりを修理できる

ペットボトルを使ったトイレのつまり修理はとっても簡単です。 主に以下のような手順でつまりを解消することができます。

  • 500mlのペットボトルを準備する
  • ペットボトルの底を1.5chほどカットする
  • ペットボトルの口を指で塞ぐ
  • スッポンのように空気圧を送る

1.500mlのペットボトルを準備する

500mlのペットボトルを準備

500mlの一般的な形状のペットボトルを準備します
エコタイプのような柔らかいペットボトルよりも、固めの方がおすすめです。

2.底を1.5cmほどの高さでカットする

底から1~1.5cmをカット

ペットボトルの底を1cmから1.5cmを目安にカットします。

カッターでペットボトルの底をカットする

カットする時は、カッターで切り口を作ります。

ハサミでペットボトルの底をカットする

カッターで作った切り口に、ハサミを通して底を切り抜きます。

3.ペットボトルの口を指で塞ぐ

ペットボトルの穴に指を入れる

ペットボトルの飲み口から空気が抜けないように、親指で塞ぎます。

4.すっぽんと同じ要領で、押し引きをする

押し引きを繰り返す

即席のすっぽんの完成です。空気圧を送る排水管に送るイメージで押し引きを繰り返すと、トイレのつまりが直ります。

その他のトイレつまり解消方法

ペットボトルを使ったトイレつまりの解消方法以外にも、ビニール袋、ハンガー、お湯などを使った方法があります。

どれも簡単にできるので、トイレがつまってしまった際は是非お試しください。

水のレスキューは解消できなかった頑固なトイレつまりに駆けつけますので、お気軽にご相談ください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ