自分でできるトイレ詰まり修理、トイレが詰まった時の解消法

自分でトイレ詰まりを解消する方法

トイレの詰まりトラブルとは?

トイレの詰まりを解消

いつ起こるか予測のつかない水周りのトラブル。

その中でも厄介なトラブルがトイレの水詰まりです。

トイレの水が溢れ出ることもあれば、詰まりを直すまではトイレが一切使えない状態になります。

また、便が流れきっていなければ悪臭の原因にもなりますので、できるだけ早く詰まりを解消する方法をご紹介します。

トイレ詰まりは自分で解消できます!

トイレ詰まりは自分で解消できる

トイレが詰まったけど、できることならお金をかけずに自分で解消したいですよね。

実は、家にある身近なものを使うことで、誰でもかんたんにトイレ詰まりを解消することができます。

トイレが詰まっても慌てずに行動

トイレが詰まってしまうと水が溢れだすため、パニックに陥ってしまうことがよくあります。

パニックになるとうまく対処できなくなってしまうたね、まずは落ち着くようにしましょう。

自分の力で詰まりは解消できますから、慌てず・急がずを心がけてみてくださいね。

トイレ詰まりの前兆を見逃さないように

トイレ詰まりの前兆を見逃さないように

トラブルのお電話で「急にトイレが詰まってしまった!」というケースが多いのですが、実は詰まりの前兆があります。

前兆を見逃さなければ、急だと思われるトイレ詰まりにも柔軟に対処することができます。

それでは、トイレの異変について3つ紹介していきますので、詰まりの前兆を見逃さないようにしましょう。

水位が高くなっている

トイレの水位が高い場合

詰まりが起きるトイレの前兆として、水を排出した後に通常よりも水位が高い場合は注意が必要です。

しかし、水位がいつもより高くても、時間経過により水位が徐々に下がってくることが多く、「トイレも長年使っているから仕方ないよね。」と軽視しがちな前兆です。

水位が高くなり徐々に水位が下がるということは、完全に排水管が塞がってはいないものの、何かが排水管を一部塞いでいるような状態になっていると予測できます。

この状態で放置していると、どんどん排水管は塞がってしまい完全に詰まってしまうことがあります。

水を流した時に異音がする

トイレを流したら異音がする

レバー(洗浄ハンドル)を回した時に「ジャー」と音がしますが、実は、水詰まりの前兆として水の流れる時の音に変化が生じるのです。

 

通常であれば「ジャー!」と流れていきますが、トイレが詰まる前は「ゴボゴボッ!」と空気が混じった音がします。

既に便器内部、排水管のどこかで詰まりの原因が出来ているかも知れません。

長年の汚れなどが固まり、排水管の一部にこびりついてしまっている時に異音がしますので、トイレを使用する時は水の流れる音にも注意してみてください。

水があまり流れない

トイレの水があまり流れない

水位は高くなっていないが、昔よりも水の流れが悪いと感じた時は詰まりの前兆であるかも知れません。

トイレの内部や排水管内で何かが詰まっている可能性が考えられます。

完全に塞がりきってはいないので、この時点であれば薬剤や簡易的な詰まり解消作業で流れが回復する場合もあります。

自分でトイレ詰まりを解消する方法

トイレ詰まりを解消する方法

ここからはトイレ詰まりが起きた時の対処方法をご紹介します。

薬剤やお湯を使った簡単な方法で詰まりを直す方法や、スッポン・ワイヤーブラシなどの特殊工具を使って修理する方法が一般的です。

すぐに試せる方法、道具が必要なものがあるので今できそうな方法をお試しください。

方法 薬剤 お湯 ラバーカップ ワイヤーブラシ 身近なもの
薬剤 水 お湯 ラバーカップ ワイヤーブラシ 身近なもの
効果 軽い詰まりに有効 様々な詰まりに有効 様々な詰まりに有効 様々な詰まりに有効 頑固な詰まりに有効 軽い詰まりに有効
必要なもの 薬剤が必要 すぐにできる すぐにできる 道具が必要 道具が必要 身近にあるペットボトルやハンガーを使用
オススメ方法 まずは、水やお湯をつかった詰まりの解消方法を試してみましょう。
また、身近にあるペットボトルやハンガーを使った方法もおすすめです。

自分でトイレ詰まりを直す時の注意点

トイレ詰まりの修理方法を実践する前に知っておいて欲しいことがあります。

トラブルに遭遇した時にパニックにならないことが大事というのは先ほどお伝えしましたが、作業を行う上で準備しておいた方がよいものもあります。

ゴム手袋を装着

ゴム手袋を装着

自身の手が汚れないようにゴム手袋でしっかりとカバーしてから作業を行うようにしましょう。

マスクなどもしておくとより良いでしょう。

トイレの水かさに注意

便器内の水かさを確認する

トイレ詰まりの修理方法によってはお湯を足したり、スッポンで水を押し引きする動作を行います。

水かさが高いと便器から水が溢れ出ることもあるため、溢れてもいいようにタオルも準備しておきましょう。

電源プラグを抜く

電源プラグを抜く

ウォシュレット(シャワートイレ)のような電気を使用する製品をしている場合は、電源プラグを抜きましょう。 水がコードを伝ってしまい、感電する可能性があります。

また、電源タップにはビニールを被せて、作業中に飛び散る水が差込口に入り込まないようにもしましょう。

止水栓を閉める

トイレの止水栓を閉める

詰まりによる二次被害をさけるため、トイレやタンクへの止水栓を閉めておきましょう。

止水栓は給水管とトイレを繋ぐ役目を果たし、マイナスドライバーで閉めれば一時的に給水を止めることができます。

誤ってレバーを回した時に、便器から水が溢れるトラブルを避けるために是非行ってください。

もちろん終了が完了した時には、閉めた止水栓を開けるようにしましょう。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの修理方法01/身近なものを使ってトイレ詰まりを修理

身近なものをつかってトイレ詰まりを修理

私たちの生活に欠かせない身近なものであるペットボトル、ビニール袋、ハンガーを利用してトイレの詰まりを解決することができます。

専用の道具や工具に比べると、解消できる詰まりの状態は軽いもになりますが、すぐに準備できる方法としておすすめです。

身近なものがトイレ詰まり修理グッズになります!

ペットボトルを使ってトイレ詰まりを直す手順

ペットボトルを使った簡単な詰まりの解消方法をご紹介します。

1.500mlのペットボトルを準備する

500mlのペットボトルを準備

500mlの一般的な形状のペットボトルを準備します。
エコタイプのような柔らかいペットボトルよりも、固めの方がおすすめです。

2.底を1.5cmほどの高さでカットする

底から1~1.5cmをカット

ペットボトルの底を1cmから1.5cmを目安にカットします。

カッターでペットボトルの底をカットする

カットする時は、カッターで切り口を作ります。

ハサミでペットボトルの底をカットする

カッターで作った切り口に、ハサミを通して底を切り抜きます。

3.ペットボトルの口を指で塞ぐ

ペットボトルの穴に指を入れる

ペットボトルの飲み口から空気が抜けないように、親指で塞ぎます。

4.すっぽんと同じ要領で、押し引きをする

押し引きを繰り返す

即席のすっぽんの完成です。空気圧を送る排水管に送るイメージで押し引きを繰り返すと、トイレの詰まりが直ります。

ビニール袋を使ってトイレ詰まりを直す手順

トイレ詰まりを直す緊急手段として、ビニール袋を使った解消方法をご紹介します。

1.大きめのビニール袋を準備する

大き目のビニール袋を準備

ビニール袋を準備します。
濡れたり汚れたりするのを防ぐため、なるべく大きめのビニール袋を準備しておくと良いです。

2.ビニール袋に手を入れて作業の準備完了

ビニール袋に手を入れる

ビニール袋に手を入れて、トイレ詰まりの解消作業の準備完了です。

水が跳ねて手が汚れる可能性もあるので、ゴム手袋も装着しておくと良いです。

3.拳を作って、トイレの排水口に入れる

握りこぶしを作ってトイレの排水口に入れる

袋の中で握りこぶしを作り、トイレの排水口に入れ込みます。

4.トイレの排水口に圧力を加えることで、詰まりを直す

押し引きを繰り返す

拳を押し引きし、排水口に圧力を加えます。
簡単なトイレ詰まりであればビニール袋を使った方法でも直すことができます。

5.ビニール袋を流さないように気を付ける

トイレにビニール袋を流さないように気を付ける

作業時の注意点として、ビニール袋を誤って流さないように片手で掴んでおくようにしましょう。

ハンガーを使ってトイレ詰まりを直す手順

自宅なら必ずある針金ハンガーを使ったトイレの詰まりの直し方をご紹介します。

1.針金ハンガーを準備する

ハンガーを準備する

針金で作られたハンガーを準備します。

2.ハンガーを引き延ばして、1本の棒状にする

ハンガーの結び目をほどく

ハンガーを1本の棒状にする

針金の結び目をほどき、1本の棒状にします。

ハサミでハンガーを切っても大丈夫

結び目がほどけない場合はハサミやニッパーで切ります。

3.ハンガーの先端で輪を作る

ハンガーの先端で輪を作る

ハンガーの先端で輪を作ります。
正確な輪でなくても良いので、排水口に引っかからない程度の大きさで作るのがポイントです。

4.ハンガーの先端をトイレに入れて、詰まりの原因物を削る

トイレの奥に入れて、詰まりの原因を削り流す

ハンガーの先端をトイレに入れて、可能な限り奥に入れ込みます。

トイレの詰まりの原因に届く範囲であれば、ハンガーで削ったり押し出して詰まりを直すことができます。

身近な物でトイレ詰まりを解消する時の注意点

身近なものを使った方法なので、急なトイレ詰まりの解消に役立てることができます。

解消できるトイレの詰まりは軽症状に限られます。

また、ハンガーやビニール袋を誤って流すと詰まりが悪化するため、作業時には注意が必要です。

>>一覧へ戻る

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの修理方法02/水を追加で流してトイレ詰まりを修理

水を流してトイレ詰まりを解消

水を流し込んで詰まりの原因を押し流す修理方法で、水圧の弱さによる詰まりであればトイレに水を流し込むことで詰まりを直すことができます。

ドバーッと一気に流し込むのではなく、細い線をイメージして少量を継続的に流し込んでください。

水を流してトイレ詰まりを直す手順

水とバケツを使ってトイレの詰まりを直す手順をご紹介します。

1.水の入ったバケツを準備する

水の入ったバケツを準備する

バケツに水を入れます。
高い位置から水を注ぐことになるので、持ち上げられる程度の量の水を準備しましょう。

2.高い位置からトイレの排水口に向かって水を流し込む

なるべく高い位置から水を流す

なるべく、高い位置からトイレの排水口に向かって水を流し込みます。

3.1~2cmくらいの幅の水量で流す

水量を意識しながら流す

バケツの水を流す時は、1~2cmの幅の水量を意識して流してみてください。

この方法を繰り返すことで、トイレの詰まりを直すことができます。

水でトイレ詰まりを解消する時の注意点

水たまりに水を追加する方法なので、溢れそうな状態で行うと周りに水が飛び散ってしまいます。

作業前の準備でもご紹介しましたが、電源プラグを抜いたり、タオルを準備しておいてください。

溢れそうな場合はバケツを使って、トイレ内に溜まった水を取り出しておくと安全に作業できます。

そして流し込む時は細い線をイメージしてバケツの水を流し込んでください。

>>一覧へ戻る

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの修理方法03/お湯でトイレ詰まりを修理

お湯でトイレ詰まりを解消

お手軽なトイレ詰まりの修理方法の一つで、お湯を使うというのがポイントです。

お湯を流し込むことにより、排水路や排水管に詰まっているトイレットペーパーや便を溶かして流し込むことができます。

お湯を流してトイレ詰まりを直す手順

お湯を使ったトイレの詰まりを直す方法で、解消率も高いので準備できる環境であれば是非お試しください。

1.ヤカンに50℃程度のお湯を準備する

50℃程度のお湯を準備する

50度程度のお湯を準備します。
熱湯を使用すると、陶器製である便器が割れてしまう恐れがあるので温度調整はしっかりと行ってください。

2.高い位置からトイレの排水口に向かってお湯を流し込む

排水口に向かってお湯を流し込む

排水口の中心に注ぐように、高い位置からお湯を流し込みます。
水を流し込む方法と同様に、一気に流し込むのではなく少量を長く流すことを意識しましょう。

3.数回繰り返すことトイレ詰まりが直る

数回お湯を入れる動作を繰り返す

お湯を注ぐ作業を数回繰り返すことで、トイレの詰まりが直ることがあります。

お湯でトイレ詰まりを解消する時の注意点

お湯の温度は50度を守って行ってください。トイレは陶器なので熱湯を使ってしまうと破損の原因となるためです。

また、お湯が飛び跳ねる可能性もあるので、便器の周りにビニール袋で囲いを作ると安全に作業が行えます。

>>一覧へ戻る

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの修理方法04/スッポン(ラバーカップ)でトイレ詰まりを修理

ラバーカップでトイレ詰まり解消

トイレの詰まり解消に使えるスッポン(ラバーカップ)は、1000円程度で購入できるお手軽な詰まり解消グッズです。

使い方は、便器の排水口にスッポンの先端を当て、押し込みと引き上げの動作を繰り返し行います。

圧力をかけながら詰まり原因を押し流します。
2~3回では解決しないので、根気強く何度も繰り返して使用しましょう。

スッポン(ラバーカップ)を使ってトイレ詰まりを直す手順

ここからは、具体的なスッポン(ラバーカップ)の使用方法についてご紹介します。

1.スッポン(ラバーカップ)を準備する

トイレにあったラバーカップを準備

スッポンはどれも同じように見えますが、和式用と洋式用で先端の形が異なります。
使用予定のトイレの形に合わせて購入しておきましょう。

2.スッポン(ラバーカップ)の先端を排水口にセットする

トイレにラバーカップをセットする

スッポンの先端を、トイレの排水口にセットします。
しっかりと圧力を伝えるため、トイレの排水口の中央にセットするのがポイントです。

3.押し引きを繰り返す

押し引きを繰り返してトイレ詰まりを解消

スッポン(ラバーカップ)を押し引きし、トイレの詰まりの原因を押し流します。
上手くいけば数回でトイレ詰まりを直すことができます。

スッポン(ラバーカップ)でトイレ詰まりを解消する時の注意点

浅い位置に原因物があれば、すぐにトイレ詰まりを解消できます。

コツとして、引き抜くときは勢いよく引っ張り、押し込む時はゆっくりと押し込んでみてください。

また、スッポン(ラバーカップ)には「洋式用」と「和式用」の2種類が存在するので自宅のトイレに合わせて購入しましょう。どちらにも使用できる和洋式兼用のスッポンもありますので、迷ったら兼用がオススメです。

スッポン(ラバーカップ)を使用する際に、水が飛び散ってしまうこともあるので、汚水を飛び散らせないためにも透明のビニールシートを巻いておくと、掃除も楽になりますので是非お試しください。

>>一覧へ戻る

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの修理方法05/ワイヤーブラシでトイレ詰まりを修理

ワイヤーブラシでトイレ詰まり解消

ワイヤーブラシと呼ばれる専用の道具を使ったトイレ詰まりの直し方です。

排水口に入れ込み、トイレ詰まりの原因箇所まで伸ばし、原因物を削るようにして流し込みます。

ワイヤーの長さは製品によって異なり、一般家庭用であれば3~5mのもので充分と言えます。

ワイヤーブラシを使ってトイレ詰まりを直す手順

実際に、ワイヤーブラシを使ったトイレ詰まりの直し方を解説します。

1.ワイヤーブラシを準備する

ワイヤーブラシは、ホームセンターやネット通販で1000~2000円で購入することもできます。

2.ワイヤーブラシが引っかかるところまで伸ばす

ひっかかりがあるまで、ワイヤーブラシを伸ばす

ワイヤーブラシの先端を排水口に押し込み、ハンドルを使っての伸ばしていきます。
できる限りワイヤーを伸ばして奥へと入れていきましょう。

3.トイレ詰まりの原因を流しだせば作業完了

ワイヤーブラシを回してトイレ詰まりを解消

ワイヤーブラシでトイレ詰まりの原因を押し流すことができれば、自然とトイレの水が流れるようになり解消完了です。

ワイヤーブラシでトイレ詰まりを解消する時の注意点

ワイヤーブラシは、排水管へ通すだけと思われがちですが、トイレの形状を理解して力加減しないとなかなかワイヤーが奥へ進んでくれません。

また、10mのような長いワイヤーブラシも販売されていますが、長いワイヤーほど使用するのが難しくなるので、慣れないうちは短めの製品を使用するようにしましょう。

>>一覧へ戻る

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの修理方法06/薬剤でトイレ詰まりを修理

薬剤でトイレ詰まりを解消

薬剤を使用してトイレ詰まりを修理する方法になります。

排水路や排水管にできた尿石が原因で詰まることも多く、尿石を薬剤で溶かしてしまうという修理方法となります。

主な製品として「デオライト」や「パイプユニッシュ」などがあり、ホームセンターやインターネット上で簡単に購入することもできます。

薬剤でトイレ詰まりを直す手順

ここからは、薬剤を使用してトイレ詰まりを直す手順をご紹介いたします。

1.トイレ詰まり用の薬剤を準備する

尿石を溶かせるトイレ用の薬剤を準備します。

2.トイレに薬剤を流す

トイレに薬剤を流し込みます。この後はしばらく放置します。

3.詰まりが直っていれば作業完了

30分ほど放置したらトイレの詰まりが解消されているか確認します。

薬剤でトイレ詰まりを解消する時の注意点

簡単な方法ですが欠点もあります。 デオライトやパイプユニッシュは汚れや尿石を溶かしてトイレ詰まりを解消するので、溶かすまでの時間が必要です。

また、排水管の奥で詰まっている場合は、薬剤が行き届かずトイレ詰まりを解消できないこともあります。普段から繰り返し使用することで効果を発揮すると言えます。

>>一覧へ戻る

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりの原因を解消する方法

トイレの詰まりを原因から解消する方法

トイレ詰まりが頻繁に発生する場合には、詰まりの原因から解消していく必要があります。

01.トイレの詰まりを交換で解消する方法

トイレタンクと給水管の接続部分からの水漏れ

便器の洗浄性能によってトイレ詰まりの起きやすさも違ってきます。古いトイレを使っていて詰まりが頻繁に起こるのであれば、新しいトイレに交換するという方法もお勧めです。

最近では節水性能に優れたトイレも多く、長年使用し続けることで交換した方がお得というケースも数多くあります。

トイレ詰まり解消のための交換手順

  1. 止水栓を閉める
  2. 便器とタンクを分離させる
  3. 便器から便座を取り外す
  4. 古い便器を取り外す
  5. 古い配水ソケットを取り外す
  6. メーカー推奨の止水栓を取り付ける
  7. 新しい排水ソケットを取り付ける
  8. 新しい便器を取り付ける
  9. 便座、トイレタンクを取り付ける
  10. 詰まりや水漏れが起きないことを確認できたら交換完了

自力で解決できなかった場合のトイレ詰まりを解消する方法

自力でトイレ詰まりを解消できなかったら

自宅でも簡単に行えるトイレ詰まりの修理方法ですが、これらの方法で直せなかった場合は水道業者に頼むのが速く、安く解決できる方法です。
頑固なトイレ詰まりも解消することができます。

水のレスキューでは、トイレ詰まりに関して、スマホからでも通話無料のフリーダイヤルをご準備しておりますのでいつでもご相談ください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレ詰まりを業者に直してもらう時の相場

トイレが詰まったら業者に相談

トイレ詰まりを水道業者に依頼する時は、便器を取り外して作業するのかどうかで大きく変わりますので、詰まっている原因が便器にあるのか、それとも排水管にあるのかで大きく異なります。

水道業者と一緒にどこに詰まりの原因があるのかを確認することが大事です。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

まとめ

今回はトイレ詰まりの修理方法として自分で行る修理方法と、それでも修理できなかった場合、水道業者がどうやって修理するのかについてご紹介しました。

道具さえあればその場で直すこともできますので、もしものトイレづまりのトラブルに備えて道具を準備しておきましょう。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら