ビニール袋でトイレのつまりを解消する方法

ビニール袋でトイレつまりを解消する方法

ビニール袋を使ったトイレつまりの解消方法

トイレのつまりを解消したい!けど使えそうな道具が付近にない。

そんな時は、ビニール袋を使ったつまり解消方法を試してみませんか?

 

コンビニのスーパーのビニール袋、レジ袋でも試せるお手軽解消方法を今回はご紹介します。

ビニール袋でトイレつまりを修理できる

手を覆えるサイズのビニール袋ならトイレつまりの修理アイテムとして活用することができます。

スッポンがないという時は以下の手順を参考にして、トイレつまりを解消してみてください。

  1. ビニール袋を準備する
  2. ビニール袋の中に手を入れる
  3. 拳を作って排水口を抑える
  4. スッポンのように空気圧を送る

1.大きめのビニール袋を準備する

大き目のビニール袋を準備

ビニール袋を準備します。
濡れたり汚れたりするのを防ぐため、なるべく大きめのビニール袋を準備しておくと良いです。

2.ビニール袋に手を入れて作業の準備完了

ビニール袋に手を入れる

ビニール袋に手を入れて、トイレつまりの解消作業の準備完了です。

水が跳ねて手が汚れる可能性もあるので、ゴム手袋も装着しておくと良いです。

3.拳を作って、トイレの排水口に入れる

握りこぶしを作ってトイレの排水口に入れる

袋の中で握りこぶしを作り、トイレの排水口に入れ込みます。

4.トイレの排水口に圧力を加えることで、つまりを直す

押し引きを繰り返す

拳を押し引きし、排水口に圧力を加えます。
簡単なトイレつまりであればビニール袋を使った方法でも直すことができます。

5.ビニール袋を流さないように気を付ける

トイレにビニール袋を流さないように気を付ける

作業時の注意点として、ビニール袋を誤って流さないように片手で掴んでおくようにしましょう。

その他のトイレつまり解消方法

今回はビニール袋を使ったトイレつまりの解消方法をご紹介しました。

その他にも、ハンガー、ペットボトルを使った方法もあるので、ビニール袋でトイレつまりを修理できなかった場合は、下のリンクをご参考ください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ