自分でできるウォシュレットから温水が出ない時の修理方法

ウォシュレットの温水が出ない時の修理法

ノズルから温水がでないときの対処方法

ウォシュレットから温水が出ないトラブルについて自分でできる修理方法をご紹介いたします。

・ノズルから温水が出ない
・温水だけでなく水も出ない
・温水は出るけど、少し出ると水に切り替わる

このような、ウォシュレットのトラブルの解決方法をまとめましたので、是非ご参考ください。

温水が出ない時はウォシュレット本体に原因がある

ウォシュレット本体の故障

温水やお湯はウォシュレットだけでなく、キッチンの蛇口、お風呂場の蛇口など様々な場所で使われています。
ほとんどは、住宅ごとに設置されている給湯器という機械を通してお湯を作り、それぞれの蛇口へとお湯が給水されます。

しかし、ウォシュレットの場合は違います。
水だけが給水され、ウォシュレットの中で温水を作って排出します。

ウォシュレットから温水が出ない場合は、給湯器ではなく本体に原因があることを覚えておきましょう。

ウォシュレットから温水が出ない時の原因特定方法

温水が出ないときの原因特定

温水が出なくなる原因がいくつかありますが、まずは温水が出ないのか水が出ないのかを確認しましょう。
温水だけでなく、水が出ない場合はヒーターの故障ではなく、ウォシュレット本体の故障や給水の問題が考えられます。

ウォシュレットの温水が出ない時の解決パターン

①温水だけでなく水も出ない場合
②水は出るが、温水だけが出ない場合

この2つの状況別に修理や解決方法をご紹介していきます。

ウォシュレットから水も温水も出ない場合

ノズルから温水や水が出ない

まず、前提としてノズルが出ているかどうかを確認しましょう。
ノズルが出てこない場合は給水ではなく、ノズルの故障が考えられますので、別コラムにて修理方法を解説しております。

水が出ない場合の修理方法①~止水栓が閉まっている

止水栓が閉まっている

ウォシュレットから温水だけでなく、水も出ない場合は、最初に止水栓が閉まっていないかどうかを確認しましょう。
トイレに影響する止水栓は主に2か所になりますので、それぞれが閉まっていないかを確認します。

こんな場合に止水栓が閉まっています

・トイレ修理を業者に依頼した
・家の水漏れ修理を行った
・自分でウォシュレットを取り付けた

 

トイレの止水栓

止水栓のネジを左にまわして開放

ウォシュレットはトイレの止水栓から給水を行っています。
トイレルーム内の隅に写真のような止水栓は設置されていないでしょうか?

頭の部分で水量を調整したり、給水をストップさせることができ、マイナスドライバーを使用することで栓を開けることができます。

水道メーターボックス内の止水栓

水道メーターボックスのバルブを回す

水道メーターボックス内にも止水栓が備え付けられており、ハンドルを閉めると家全体の給水を止めることができます。
家の中の水漏れを修理した時に止水栓を閉めることが多く、開け忘れがないか確認しましょう。

水が出ない場合の修理方法②~ノズルがつまっている

ノズルがつまって水が出ない

給水に問題がない場合、ノズルがつまっている可能性もあります。
ノズル用のクリーナーやブラシを使って掃除することが出来るので、しばらくノズル掃除をやっていなかったという人は試してみてください。

こんな場合にノズルが詰まります

・何年もノズル掃除を行っていなかった
・不特定数の人が使用する場所のウォシュレット

掃除や交換方法に関しては、こちらをご参考ください。

水が出ない場合の修理方法③~本体の故障

ウォシュレット本体の故障

本体が故障してしまっている場合はウォシュレット本体を交換することで修理できます。
給水フィルターや水漏れの可能性も考えられますが、水が一切出ない場合はほとんどケースが故障です。

なるべく費用を抑えるために、自分でできるウォシュレットの取り付け方法もありますので、自力で取り換えるというのも解決方法の一つです。

こんな場合に本体が故障します

・ウォシュレットの寿命を超えていた(※約10年)
・ウォシュレットに水がかかって漏電した

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

ウォシュレットから温水だけが出ない場合

ウォシュレットから温水だけが出ない場合

ウォシュレットの水は出るけど、温水だけが出ない場合の修理・解決方法をご紹介します。
TOTOやLIXILといったメーカーによって名称は異なりますが、同じような原因や解決方法となります。

温水が出ない場合の修理方法①~電源を入れなおす

電源を入れなおす

ウォシュレットは電化製品なので、予期せぬ不具合が起きることもあります。
そういった時に直ぐに試せる対処方法として、電源プラグを抜き差しするという方法です。
これだけで解決したという事例もあったので、是非お試しください。

こんな場合に電源不良を起こします

・予期せぬトラブルが起きていた
・電源プラグがしっかりとささっていなかった
・漏電保護機能が作動していた

温水が出ない場合の修理方法②~本体の設定を見直す

ウォシュレット本体の設定を見直す

ウォシュレットには節電のために、温水機能をオフにする設定があります。
また、オフにするだけでなく温水の温度が低く設定されていたことから、温水が出ないと勘違いしていたケースもありますので、使用しているウォシュレットの設定が正しいかどうかを確認しましょう。

こんな場合に温水機能が切られています

・家族の誰かが節電のために温水機能を切った
・温水の温度が一番低く設定されていた

温水が出ない場合の修理方法③~時間を置く

時間をしばらく置く

ウォシュレットのヒーターは瞬間式と貯湯式の2タイプが存在します。
このうちの、貯湯式と呼ばれるウォシュレットは内部に温水用タンクが設置されており、タンク内で溜まった分が温水として出ます。
タンク内の温水を使い切ってしまうと、温水ではなく水だけが出るようになります。

瞬間式の場合は、内部の電熱管を通って瞬間的にお湯が作られるので、使用時間によってお湯が出たり、水が出たりすることはありません。

こんな場合に貯湯式の温水が出なくなります

・温水を数分以上、使い続けた
・連続でウォシュレットを使用した
・温水がまだ準備できていなかった(約10分ほどかかります。)

温水が出ない場合の修理方法④~本体を交換する

ウォシュレット本体を交換する

電源にも以上がなく、設定も問題ないの温水が出ない場合は本体の故障であると考えられます。
ウォシュレットの内部パーツのみの交換は、メーカーでは非推奨としているため、自分で交換しようとすると本体ごと取り替える必要があります。

これまでご紹介した方法を試してみて、それでも温水が出なかった場合は交換をお勧めします。

こんな場合にウォシュレットの交換がお勧めです

・10年以上、同じウォシュレットを使っている
・お湯が出たりでなかったりと症状が変わる
・温水だけでなく、他の機能も正常に動作しない

ウォシュレットの温水に関するトラブルは水のレスキューへ

ウォシュレットの温水周りのトラブルは水のレスキューへ

温水機能はウォシュレットの中でも便利な機能で、特に冬場は重宝されます。
水だけでも使い続けることはできますが、トイレは快適であって欲しいと思う方は、お気軽に水のレスキューまでご相談ください。

全国どこへでも、温水が出ないトラブルを解決いたします。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら