自分でできるウォシュレットの電源が入らない、動かない時の解決方法

ウォシュレットの電源が入らない・動作しない時の解決法

ウォシュレットの電源が入らない

ウォシュレットのコンセントは差し込んでいるはずなのに動作しない!今回はこのような電源や動作に関するトラブルが起きた時の解決方法をご紹介いたします。

ウォシュレット・シャワートイレの電源トラブルの際は参考にしてみてください。

ウォシュレットが動作しない時に問題が起きている場所

ウォシュレットが動作しない時に問題が起きている箇所

ウォシュレットやシャワートイレが動かない場合、原因として下記のような箇所の故障が挙げられます。

①ウォシュレット本体のトラブル
②リモコンのトラブル
③ノズルのトラブル

原因個所を確認するには、上から順番に確認をしていくことで、問題の特定を行うことができます。

ウォシュレットが動作しない原因①~本体の故障

ウォシュレットが動作しない原因1 本体の故障

ウォシュレットの本体に何らかの問題が起きてる場合、リモコンの操作からノズルの排出まで様々な機能が動作しなくなります。
なので、基本的には電源が通っていないなどの原因が挙げられますので、電源周りを見直すことで問題を解決できます。

ウォシュレットが動作しない原因②~リモコンの故障

ウォシュレットが動作しない原因2 リモコンの故障

本体になんら問題のない場合は、リモコンの不具合の可能性もあります。
操作パネルを使った原因特定方法がありますので、本体に問題がなかった場合はリモコンを疑ってみてください。

ウォシュレットが動作しない原因③~ノズルの故障

ウォシュレットが動作しない原因3 ノズルの故障

ウォシュレット本体、リモコンにも問題がない場合はノズルの故障の可能性があります。
ノズルのトラブルに関しては、別コラムでより詳しく解説しています。

様々なノズルトラブルの解決方法を写真付きでご紹介しているので是非ご参考ください。

 

ウォシュレット本体に電源が入らない場合の解決方法

ウォシュレットの本体に電源が入らない時の対処方法

ウォシュレット本体に問題が起こっている場合の解決方法を4つご紹介いたします。
大抵の場合、何らかの理由で電気が遮断されていることが多いようです。

ブレーカーが落ちている

ブレーカーが落ちている

いつの間にか家全体のブレーカーが落ちてしまっていたということがあります。
ですので、本体の故障を確かめる前に、トイレルームへ正常に給電が行われているか確認しましょう。

電源プラグが抜けている

ウォシュレットの電源プラグが抜けている

電源プラグを子供が抜いてしまったという例もありますので、電源プラグが正しく差し込まれているかを確認しましょう。
完全に抜けていなくても、差し込みがあまいと電気がしっかりと流れないので、指し直しも試してみましょう。

漏電保護機能が作動している

漏電保護機能が作動している

ウォシュレットの電源プラグには漏電保護という機能が備わっています。
恐らく、写真のようにリセットボタンや点灯ランプが付いているのではないでしょうか?

漏電保護機能の解除

もしも、赤いランプが点灯している場合は、漏電保護が作動している状態です。
リセットボタンを押して、機能を切ることで正常に電気がウォシュレット本体に流れるようになります。

本体の電気回路が壊れてしまっている

ウォシュレット本体の電気回路が壊れている

内部の基盤や回線にトラブルが起きている場合は、いくらコンセントを指し直してもウォシュレットは作動しません。
本体の寿命は約10年と言われており、10年近い製品だとこのような本体の故障が考えられます。

一部部品であればネット通販でも販売されていますが、メーカー側は内部交換を非推奨の作業としています。
分解すると製品保証の適応外になることもあるので、水のレスキューに見てもらうことをお勧めします。

リモコンが動作しない場合の原因

リモコンが動作しない場合の対処方法

ウォシュレット本体の電源に問題がないのに正常に動作しない場合、リモコン側の故障も十分に考えられます。
リモコンが壊れていると、ボタンを押しても反応しなくなるため、操作を繰り返して原因の特定を行ってみましょう。

電池が切れている

電池が切れている

ウォシュレットのリモコンは大きく分けて、袖付きリモコンと壁付けリモコンの2タイプが存在します。

ウォシュレットのリモコンを壁から外す

リモコンの裏側に電池

このうち、壁付けリモコンタイプは背面にある乾電池で動きます。
電池が切れてしまっていると、リモコンが操作できなくなり、ウォシュレットが全く反応しなくなります。
製品によっては、電池切れを伝えるランプやアラームもないので、交換をつい忘れがちです。

また、袖付きリモコンは本体と連動しているため、乾電池は使用していません。

袖付きリモコンは電池がない

リモコン本体が壊れてしまっている

リモコン本体が壊れてしまっている場合

リモコンの電池を取り替えても動作しない場合、リモコン自体の故障が考えられます。
まずは、いくつかのボタンを押してみて状況を確認してみましょう。

①全てのボタンが反応しない
②一部のボタンのみ反応しない

経年劣化によっては、押す力の強弱で反応し辛くなることもありますので、しっかりとボタンを押し込んで確認しましょう。

①全てのボタンが反応しない場合

リモコンの全てのボタンが反応しない

リモコン本体の故障、もしくはウォシュレット本体の故障が考えられます。
製品ごとに交換用のリモコンも販売されていますので、リモコン連立設定を行うことで新しいものに取り換えることができます。

購入時期によっては本体の交換が必要となるケースが多いです。

②一部のボタンのみ反応しない

リモコンの一部のボタンのみ反応しない

リモコン側の基盤に問題が起きています。
基盤の掃除、ボタンと基盤の接点を修理したり、ボタン側にアルミホイルなどを貼り付けると症状が和らぐことがあります。

その他に考えられるウォシュレットが動作しない原因

その他のウォシュレットが動作しない原因

本体側に問題はなく、リモコンやのノズルにも故障が見られない場合は別の原因が考えられます。
解決できる可能性としては低いかも知れませんが、こちらの方法をご参考ください。

内臓センサーが壊れている

内臓センサーが壊れている

ウォシュレットには、センサーが内蔵されており、人が座っているかどうかというのを判別した上で、動作するように作られています。
特に最近の商品は、オート洗浄、オート蓋開閉など様々な機能が人感センサーによって制御されています。

センサー部を掃除する

センサー部に汚れがついていると正常に作動しなくなるため、掃除を行うことでウォシュレットが作動するようになります。

便座カバーを使用している

便座カバーを使用している

こちらもセンサー周りに影響する原因で、ウォシュレットに便座カバーを取り付けている場合、センサーが正常に機能しなくなります。
便座や蓋にカバーを使用している場合は、一度取り外してみて動作確認をするようにしましょう。

ウォシュレットの電源周りのトラブルを解決いたします!

ウォシュレットの電源が入らいない時は水のレスキューへ

今回は、ウォシュレットやシャワートイレの電源が入らい時の解決方法をご紹介しました。
全ての方法を試しても、内部が完全に故障してしまっている場合はどうしようもないことがあります。

そんな時は水のレスキューまでご相談いただければ、適格な修理や交換をご提案させていただきます。
スマホからでも通話料無料なのでいつでもお気軽にお電話ください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら