自分でできる洗面台の水漏れの解消法

自分で洗面台の水漏れを解消する方法

洗面台の水漏れを自分で解消する方法をご紹介します

洗面台の水漏れを自分で解消する

洗面台から水漏れが起きている。そんな時に水道修理業者に頼らずとも自分でできる洗面台の水漏れ解消法を写真付きでご紹介します。 修理に必要な工具もまとめているので、ぜひご確認ください。

洗面台での水漏れ原因について

洗面台の水漏れの原因

洗面台での水漏れ原因は主に「水栓、蛇口」か「排水パイプ」にあります。このどちらかが劣化、故障することで水漏れが発生します。

原因1 蛇口、水栓から水が漏れているケース

水栓から水が漏れているケース

蛇口、水栓から水が漏れている場合は内部のパッキンやカートリッジが劣化することで水漏れが発生します。 部品を取り外して、パッキンやカートリッジを交換すれば水漏れを解消することができます。

原因2 排水パイプから水が漏れているケース

排水パイプから水が漏れているケース

パッキンや排水パイプ自体の交換で水漏れを解消することができます。 排水パイプから水が漏れている場合は継ぎ目からの水漏れなのか、パイプ自体からの水漏れなのかで解消法が異なります。 一度、パイプの水滴を拭きとってみてどこから水漏れしているのかを確認してから修理を行いましょう。

蛇口、水栓のハンドル部分から水が漏れている時の解消法

ハンドル部分から水が漏れている場合の解消法

ハンドルタイプの水栓から水が漏れている場合

ハンドルタイプから水漏れ

準備する道具

準備する工具

① モンキーレンチ (ハンドルキャップや固定用ナットを取り外す際に使用します。)

② ドライバー (水栓の種類によっては必要になるので、プラス/マイナスの両方を準備しておきましょう。)

③ タオル (作業中に残留水で周りが濡れてしまわないようにタオルも準備しておきます。)

STEP1|止水栓を閉めてください

ステップ1 止水栓を閉める

止水栓を閉める

水栓の修理を行う前に必ず止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めずに作業を行うと水が大量に漏れだすことがあるので気を付けましょう。

STEP2|カラービス(ハンドルキャップ)を取り外してください

ステップ2 カラービスを外す

カラービスを取り外す

カラービスを外した様子

カラービスを取り外しましょう。写真ではマイナスドライバーを使用しています。

STEP3|ハンドルを取り外してください

ステップ3 ハンドルを外す

ハンドルのネジを外す

ハンドルのネジが外れた後

ハンドルを取り外す

ハンドルを固定しているネジをドライバーで外しました。ネジを外したら、ハンドルを引き抜きます。

STEP4|上部ナットを外してください

ステップ4 上部ナットを外す

水栓の上部ナットを外す

ナットを外した様子

水栓上部のナットをモンキーレンチで取り外します。

STEP5|三角パッキンを交換してください

ステップ5 パッキンを交換

三角パッキンを交換して作業完了

三角パッキンを交換しましょう。様々なサイズをホームセンターで購入することができます。

STEP6|元に戻して完了

ステップ6 作業完了

ハンドルタイプの水栓の水漏れ修理完了

逆手順でハンドルを戻せば作業完了です。止水栓を戻して水漏れがないか確認しましょう。

シングルレバータイプの水栓から水が漏れている場合

シングルレバータイプの水栓の水漏れ解消方法

準備する道具

準備する道具

① マイナスドライバー (レバーハンドルを固定しているビスを取り外す際に使用します。)

② プラスドライバー (修理する水栓のメーカーによってはプラスドライバーが必要となることもあります。)

➂ モンキーレンチ (必須ではありませんが、部品が取り外せない時にモンキーレンチがあると便利です。)

④ 交換するカートリッジ (カートリッジを交換して水漏れを解消します。)

はじめに|止水栓を閉めてください

止水栓を閉める

レバータイプの水栓のカートリッジを交換する際は、必ず止水栓を閉めてから作業を行いましょう。

STEP1|レバーハンドルのネジ(ビス)を外してください

ステップ1 ネジを外す

水栓のカバーを外す

水栓のネジを六角レンチで外す

レバーハンドルを固定しているネジ(ビス)を取り外します。

STEP2|ハンドルを取り外してください

ステップ2 ハンドルを外す

水栓のハンドルを外す

固定しているネジ(ビス)を外したら、ハンドルを取り外します。

STEP3|外カバーを外してください

ステップ3 カバーを外す

水栓のカバーを外す

台座の外カバーを取り外します。台座に固定されている場合は台座を軸に左に回すことで取り外せます。

STEP4|古いカートリッジを取り外してください

ステップ4 カートリッジを外す

水栓のカートリッジを外す

使用していたカートリッジを取り外します。

STEP5|新しいカートリッジを取り付けてください

ステップ5 新しいカートリッジを取付ける

水栓のカートリッジを交換する

カートリッジを取り付けます。

STEP6|元に戻して完了

ステップ6 作業完了

シングルレバーの水栓修理完了

取付完了後、レバーハンドルを元に戻し、水漏れしてないかを確認できたら作業完了です。

配水パイプから水が漏れている時の解消法

排水パイプから水が漏れている場合

排水パイプの継ぎ目から水が漏れている場合

排水パイプの継ぎ目から水が漏れている場合

排水パイプの継ぎ目から水が漏れている場合は内部のパッキンを交換することで水漏れを解消することができます。

準備する道具

準備する道具

① モンキーレンチ (パイプのサイズに合わせた大きさのモンキーレンチを準備しましょう。)

② タオル (パイプを取り外すと水が零れることがあるので準備しておくと安心です。)

③ 交換用のパッキン (交換用のパッキンを準備しましょう。)

STEP1|止水栓を閉めてください

ステップ1 止水栓を閉める

止水栓を閉める

止水栓を閉めることは必須ではありませんが、何かの拍子で水が流れ出ないように止水栓を閉めてから作業を行います。

STEP2|排水パイプのナットを外してください

ステップ2 ナットを外す

排水パイプの連結ナットを外す

レンチや専用工具を使用して水漏れが起きている継ぎ目のナットを取り外します。

STEP3|パッキンを交換してください

ステップ3 パッキンの交換

排水パイプのパッキンを交換する

内部のパッキンを交換します。

STEP4|元に戻して完了

ステップ4 修理完了

排水パイプの水漏れ修理完了

元に戻して水が漏れていなければ作業完了です。

排水パイプの途中から水が漏れている場合(軽度)

排水パイプの途中から水が漏れている場合

排水パイプ本体から水が漏れている場合、症状によって対応が異なります。まずは水漏れの症状が軽いときの解消法をご紹介します。

準備する道具

準備する道具

① 自己融着テープ (パイプの水漏れを防ぐことのできるテープです。)

STEP1|水漏れ位置を確認する

ステップ1 水漏れ位置を確認

排水パイプを触って水漏れ位置を確認

まずは水漏れがどの位置から起きているのかを把握してください。

STEP2|自己融着テープで穴をふさぐ

ステップ2 テープで穴を塞ぐ

自己融着テープをカットする

自己融着テープを必要な長さにカットします。

STEP3|水を出してみて問題なければ完了

ステップ3 作業完了

自己融着テープを巻いて修理完了

自己融着テープを必要な長さにカットします。水漏れしている穴を防ぎます。引っ張りながら巻くようにテープを貼ることで水漏れを防ぎます。水を出してみて水漏れがなければ作業完了です。

排水パイプの途中から水が漏れている場合(重度)

明らかに視認できるほどの穴が開いている場合は排水パイプの交換を行って水漏れを解消します。

準備する道具

準備する道具

① マイナスドライバー (止水栓を閉める際に使用します。)

② タオル (排水パイプから残留水が零れることがあるので、作業前に床下に敷いておきます。)

③ モンキーレンチ (パイプナットを取り外す際に使用します。)

④ 交換するパイプ (交換するパイプを準備します。外径内径に違いのないように購入しましょう。)

⑤ スケール (パイプの長さを測る際に使用します。)

⑥ パイプカッター/パイプソー (パイプの長さの調節が必要な際はパイプカッターやパイプソーを準備しておきます。)

STEP1|止水栓を閉めてください

ステップ1 止水栓をを閉める

止水栓を閉める

排水パイプ交換前は念のため止水栓を閉めることをオススメします。

STEP2|床下にタオルを敷いてください

ステップ2 床下にタオルを敷く

排水パイプの下にタオルを敷く

取り外したパイプから残留水が零れることがあるので、床下にタオルを敷いておきましょう。

STEP3|ナットを取り外してください

ステップ3 ナットを外す

排水パイプのナットを外す

パイプが固定されているナットを外します。

STEP4|古いパイプを取り外してください

ステップ4 古いパイプを外す

古いパイプを外す

古いパイプを取り外します。

STEP5|交換するパイプの長さを調整してください

ステップ5 長さを調整する

排水パイプの長さを調整する

排水パイプをカットする

パイプの長さをスケールで測り、パイプカットで長さの調節を行います。

STEP6|パイプを取り付けてください

ステップ6 パイプを取付ける

交換用のパイプを取付ける

新しい交換用のパイプを取り付けます。

STEP7|元に戻して完了

ステップ7 作業完了

作業完了

新しい交換用のナットをしっかりとしめて元の状態に戻します。水を流して水漏れがなければ作業完了です。パイプを取り付けます。

まとめ

今回は自分でできる洗面台の水漏れの解消法についてご紹介させていただきました。水栓と排水パイプの2つに分けてご紹介しました。解消法によってはパイプカッターのような刃物を使用するので取扱には十分に気を付けましょう。

これであなたも業者に頼らず、自分の力で洗面台の水漏れを解消できるはずです。

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-630-100までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-630-100 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-630-100 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

※平均到着時間はレスキューグループによる出張サービスの平均時間です。

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら