トイレ つまり、水漏れ、交換の費用相場はどのくらい?

トイレ つまり、水漏れ、交換の費用相場はどのくらい?

トイレのつまり、水漏れ、交換の費用相場はどのくらい?

トイレのつまりや水漏れといった急なトラブルに遭遇した時、どれくらいの料金になるのか気になる人は多いのではないでしょうか?

今回は、トイレで起こりうる各種水トラブルの費用相場をご紹介いたします。
急なトラブルでも慌てないように、一つの目安になればと思います。


トイレ修理の費用相場について

トイレの3大トラブルの費用相場を確認しよう

トイレで考えられる作業は、つまり、水漏れ、交換の3つとなります。
どれも作業内容に違いがあるため、一つずつご紹介していくことになるのですが、目安として下記のような幅が相場と言われています。

トイレつまり 10,000~50,000円
トイレ水漏れ 4,000~45,000円
トイレ交換 38,000~150,000円

 

何故このように料金に振れ幅があるのでしょうか?
ここからは、どうして料金が高くなるのか、変わるのかについて詳しく見ていきましょう。

最近では、トイレつまりで70万円を請求されたなどしてニュースに取り上げられていましたが、まともな水道業者であればそのような価格にはならないはずです。
※こちらの料金はあくまでも相場で、高くなることもあれば安くなることもあります。

①作業方法や原因によって料金が異なる

私たち水のレスキューもそうですが、水道業者はトイレを修理するための手段をいくつも準備しています。
軽度なつまりや水漏れであれば、応急処置のような方法で簡単に修理する方法もあります。
逆に、重度なトラブルであれば便器を取り外して床下の水道管を修理することもあります。

もちろん、作業内容によって必要な技術や時間が異なり、料金には差が出ます。
その結果、簡単な作業は安く済み、工数のかかる作業は高くなり、先ほどご紹介したような相場のように、トイレのトラブル一つとっても違いが出ます。

トイレつまりの場合に考えられる料金の違い

トイレつまりの料金相場

トイレつまりの場合、どういった手段で修理するのかと、どこにつまりの原因があるのかで料金に違いが出てきます。

トイレつまりの修理方法は薬剤、高圧ポンプや高圧洗浄機、トーラーなどの解決手段が準備されており、それぞれ料金が異なります。
また、料金設定は水道修理業者ごとに違うため、会社によっても料金差があります。

トイレつまりの料金は、どこでつまりが起きているのかでも違ってきます。
便器の中でつまっているのか、便器に接続してある排水管の奥で詰まっているのかが料金に差が出るポイントです。

便器内で詰まっていれば、比較的簡単な方法でつまりを解消することができる一方、排水管の奥でつまりが起きている場合は、高圧洗浄やトーラーのような大がかかりな作業が必要となります。

トイレつまりの原因は外観からでは確認できないので、現地調査をしてみないとわからないというのが、料金相場を分かり辛くしている点だと思います。

 

トイレの水漏れの場合に考えれる料金の違い

トイレの水漏れの料金相場

トイレの水漏れは原因によって料金差が生じます。
水漏れは様々な場所で起こり、場所ごとに交換するパーツも違うため、費用相場も安定していないように思えます。

目安として、トイレで水漏れがおこる場所ごとに料金の大小をまとめると下記のようになります。

トイレ給水管から水漏れしている場合 わりと安く済むケースが多い。
トイレタンクから水漏れしている場合 細かいパーツが多く場所によっては高くなる。
便器が割れて水漏れしている場合 重度なトラブルケース。高額になりやすい。

簡単な場所は自分で修理することもできますので、後ほど記載する自分で修理する方法を参考にしてみてください。

 

トイレの交換で考えられる料金の違い

トイレ交換の料金相場

トイレの交換は商品と設置環境によって異なります。
トイレといってもメーカーから様々な機能を備えた製品が販売されており、良いトイレは当然高くなります。
この辺りは、予算との相談になるので、安いトイレにするのか、高いトイレにするのかは家族や修理業者と相談するのが良いと思います。

そして、トイレを交換する状況によっても料金が異なります。
和式トイレから洋式トイレに交換する場合は、高額になりやすいとお考え下さい。
ただし、昔と違って今は洋式トイレが基本ですし、メーカーごとに使用できる排水管が違う訳でもないため、それほど意識する必要はありません。

 

② その他にトイレ修理でかかる費用

トイレ修正に発生するその他費用

これまで紹介してきたのは作業部分の料金ですが、水道業者によっては+αで費用が発生する場合があります。
こちらも料金に大きく影響しますので、事前に確認しておくことをオススメいたします。

夜間作業費

水道業者にもよりますが、夜間作業費用というものを設けている会社もあります。
主に18時から朝6時までの時間帯は、作業費に夜間作業費が追加されル場合があります。

問題なのは、費用が発生するかどうかが分かりにくいということ。
作業終了後の請求書にちゃっかりと記載されていたなんてことも良くあるようです。

出張費

こちらも業者によって異なりますが、エリアごとに出張費の請求を行う水道屋もいます。
距離によって料金が変わるケースが多いので、修理を依頼する会社は、なるべく自宅から近い所が良いと言えます。
いくらかかるのか心配であれば、来てもらう前に電話で確認しておきましょう。

見積もり費用

驚かれるかも知れませんが、見積もりが無料でない水道業者も多くいます。
見積もりだけしてもらっても料金が発生するケースがあるため、こちらも事前確認しておくことを推奨します。
また、悪質なパターンだと出張費・見積もり無料と言いながら、これらを請求する業者もいるようです。

トイレ修理を自分で行えば安くすみます

トイレ修理は自分でも行えます

状況や修理内容によって異なるトイレ修理の料金相場ですが、これらのトラブルを自分で修理することもできます。
自分でパッキンを交換したり、トイレのつまりを解消する方法がありますので、業者を呼ぶ前に一度挑戦してみて欲しいと思います。

他業者の値段を見て不安だと思った方は水のレスキューまで!

水のレスキューでは透明性のあるサービス提供を心がけ、作業前に必ず料金のご説明をするように徹底しております。
トイレのトラブルで分からないことがあれば、お気軽にお電話ください。
なるべく安い方法をもって、お客様のトラブルを解決いたします。

パッキン交換は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-630-100までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-630-100 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-630-100 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

※平均到着時間はレスキューグループによる出張サービスの平均時間です。

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら