自分でできるトイレの水が止まらない時の修理方法

トイレの水の流れが止まらない場合に自分でできる修理方法

トイレの水が止まらない時は自分で解決できる

トイレの水が流れ続ける場合

水洗トイレの水が止まらずに流れっぱなしの時は、トイレタンクに異常が起きており、状況に合わせた修理方法で解決できます。

トイレタンク内には水を溜めるための構造や部品があり、1つでも壊れたりすると、トイレンタンク内に水を溜めることができず、トイレの水が止まらない状態となります。

今回のコラムでは、トイレの水が止まらない時の原因判別の方法から自分でもできる修理方法をご紹介します。

トイレの水が止まらない、流れっぱなしの状況とは?

トイレの水が流れ続けるトラブル

トイレ、便器へ流れる水は、トイレタンクから流れてきます。
トイレタンクには水が一時的に溜まる構造になっており、トイレレバーを回せば水が流れていくという仕組みです。

 

では、トイレの水が止まらない状況というのはどういうことなのか?

トイレタンクに異常があると水が流れ続ける

水が流れっぱなしになるトラブルは、トイレタンクの内部で正常に水を溜めることができない時に発生します。

 

トイレの水が止まらない原因はいくつか考えられ、判別方法も御座います。
また、自分自身で修理することもできるので、水道業者に依頼する前に自分で直すこともできます。
このページでは、原因の解説と、それぞれの修理方法をまとめているので、参考にしてみてください。

トイレの水を止めるための応急処置

トイレの止水栓を閉める

トイレの水が止まらない時の応急処置として、止水栓を閉める手段があります。

止水栓を閉めれば、トイレタンクへの給水が止まるので、水が流れ続ける状態を一旦止めることができます。

マイナスドライバーを止水栓に当て、右に動かなくなるまで回せば、完全に水を止めることができますので、余計な水道代がかからない内に閉めてください。

トイレの水が止まらない時の原因判別方法

トイレの水が止まらない時の原因

トイレタンク内はいくつかの部品で成り立っています。これらのどれか一つでも正常に動作していないと、トイレタンクとしての役割を果たすことができません。

トイレの水が止まらない場合、ボールタップ、ゴムフロート、オーバーフロー管の部品に原因があります。

まずは、症状を確認して原因を特定する方法からご紹介いたします。

止水栓を閉めてトイレタンク内の水位で原因を判別する

トイレタンク内の水位を確認する

応急処置として止水栓を閉め、その後のトイレタンクの水位で、トイレの水が止まらない原因を特定することができます。

オーバーフロー菅で水位の基準を確認する

トイレタンクの中にある、オーバーフロー菅を確認することで、水位の高低具合を確認することができます。

止水栓を閉めても便器に水が流れ続ける

止水栓を閉めても水が流れ続ける

止水栓を閉めてもトイレ、便器に水が流れ続ける方は、トイレタンクだけでなく給水管にも問題があります。

故障している部品はトイレタンクの水位をみるとわかりますので、一緒に確認してみてください。

水位が高い場合/ボールタップ、浮き球の故障

トイレタンクの水位が標準

写真のようにトイレタンクの水位が標準より高い場合は、

・水位調節ができていない

・ボールタップや浮き球の故障

が原因で、トイレの水が止まらなくなっていると予測されます。

タンク内にある浮き球を持ち上げてみてください。持ち上げて水が止まれば、水位調節を行う必要があります。

ボールタップの交換と水位調整の方法

浮き球を持ち上げても水が止まらない場合は、ボールタップや浮き球が故障していると考えられます。

ボールタップ一式を交換してしまえば水位調節が正しく行われ、トイレの水が流れ続けるトラブルを解消することができるでしょう。

 

水位が標準、もしくは低い場合/ゴムフロートかオーバーフロー管、レバーの故障

トイレタンクの水位が低い

トイレタンクの水位が半分以下の場合、ゴムフロートかオーバーフロー管、レバーの故障が原因だと考えられます。

ゴムフロートはトイレタンクの蓋の役割を果たしますが、中で外れていたりすると常に水が流れる続ける状態になります。つながっているクサリが絡んでいたり、故障していたりすると、ゴムフロートの動作に影響を及ぼします。

オーバーフロー菅にヒビが入っても水が流れ出す

また、オーバーフロー管が割れていると隙間から水が流れ込み、トイレの水が止まらなくなってしまいます。

ゴムフロートとオーバーフロー管のどちらが原因か判別することができないときは、先にゴムフロートから交換してみるのが良いでしょう。

交換用のゴムフロートの方が安く、弊社へのご依頼時も圧倒的にゴムフロートの方が原因として多いためです。

 

あとは、水を流すレバーが故障して、水が流れ続けることがあります。その時は、こちらを参考にして、レバーを修理してください。

止水栓を閉めると水が流れなくなる

止水栓を閉めたらトイレの水が流れない場合

止水栓を閉めたら便器やトイレに水が流れなくなった場合、手洗い管に問題があるかもしれません。

手洗い管の接続部分やパッキンが故障し、水を止める機能が正常に働いていない恐れがあります。

接続部分の締め直しやパッキンの交換を検討してください。

手洗い管を修理しても直らなかった場合は、トイレタンク内に問題がありますので、修理しましょう。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

トイレの水が止まらない時の修理方法

自分で修理できるトイレの水が止まらない時

それでは、トイレの水が止まらない時の修理方法を解説していきます。

あなたの故障原因にあった修理方法を試してみてください。

修理方法1|ボールタップが正常に動作していないときの解消法(ボールタップ交換)

トイレの水が止まらない時の対処方法① ボールタップを交換する

ボールタップは、トイレタンク内の水位調節に欠かせない部品です。

トイレタンク内でのボールタップの位置によって水位が異なるので、水がオーバーフロー菅の水位基準でない場合は、ボールタップの興亜kンや調整を行ってみましょう。

ボールタップ交換に必要な道具

ボールタップ交換に必要な道具

1) モンキーレンチ

2) 交換用のボールタップ

STEP1 止水栓を閉めてください

トイレの止水栓を閉める

トイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を閉めてください。マイナスドライバーを使用して右回り(時計回り)に閉めると水の配水を止めることができます。

STEP2 トイレタンク内の水を全て流してください

トイレタンク内の水を全て流す

レバーハンドルを捻ってトイレタンクの水を全て流してください。止水栓を閉めているので給水管からタンクに水が供給されないので水を抜くことができます。

STEP3 給水管を外してください

給水管のナットを外す

給水管を外す

ボールタップと給水管が固定されている場合は、給水管のナットを緩めて給水管を外します。

STEP4 ボールタップを固定しているナットを外してください

トイレタンク全体

ボールタップのナットを外す

ボールタップを固定しているナットを取り外します。トイレタンクの種類によっては手洗い管にも固定されていることがあるので、モンキーレンチを使用して外していきます。

STEP5 ボールタップを交換してください

ボールタップを交換する

固定用ナットを外したらボールタップを交換することができます。購入したボールタップを取り付ければ交換の作業は完了です。

STEP6 元に戻して完了

ボールタップを戻して完了

ボールタップを元の位置に固定し、給水管を再接続します。止水栓を開けるとタンク内に水が溜まっていくのでトイレに水が流れなくなっていれば修理完了です。

STEP7 水位を調節する

水位を調節する

STEP6で、タンク内に溜まった水の水位が高い場合、水位を標準にする必要があります。

製品によって水位の調整方法が異なります。今回は、浮き球を押すことで数位が調整できるタイプです。

正常に調整できれば、トイレの水が勝手に流れなくなっているはずです。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

修理方法2|ゴムフロートが劣化しているときの解消法(ゴムフロートの交換)

トイレの水が止まらない時の対処方法② ゴムフロートの交換

ゴムフロートは、トイレタンクの排水蓋の役割を果たし、ゴムフロートが劣化すると水が漏れ続けてしまい、トイレの水が止まらない状態になります。

ゴムフロートを交換することで、トイレタンクの水漏れを防ぎます。

ゴムフロートの交換に必要な道具

ゴムフロート交換に必要な道具

1) モンキーレンチ

2) 交換用のゴムフロート

STEP1 止水栓を閉めてください

トイレの止水栓を閉める

まずは止水栓を閉めることからはじめます。止水栓を閉めずに作業をするとトイレタンク内の水を抜けないため作業を進めることが困難となります。

STEP2 トイレタンク内の水を全て流してください

トイレタンク内の水を全て流す

止水栓を閉めたらトイレタンク内の水を全て抜きます。配水が止まっている状態ですので、レバーハンドルを捻ればタンク内の水を抜くことができます。

STEP3 ゴムフロートを取り外してください

トイレ全体の様子

ゴムフロートを取り外す

一般的にゴムフロートはレバーハンドルのアームとオーバーフロー管に固定されています。オーバーフロー管側からはずし、アームに引っ掛けられているフックを外しましょう。

STEP4 ゴムフロートを交換する

ゴムフロートを交換する

新しいゴムフロートをオーバーフロー管に取付け、フックをレバーハンドルのアームに引っ掛けます。

STEP5 チェーンの長さを調節してください

チェーンの長さを調整する

新品に交換した場合、チェーンの長さが合っていない可能性があります。レバーハンドルを捻ったときにゴムフロートの蓋が開くように長さを調節しましょう。

STEP6 元に戻して完了

ゴムフロートを戻して完了

チェーンの長さを調節することができたら、ゴムフロートの交換完了です。止水栓を開けてトイレへ水が流れないようになっているか確認しましょう。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

修理方法3|オーバーフロー管が破損しているときの解消法(オーバーフロー管交換)

トイレの水が止まらない時の対処方法③ オーバーフロー菅の交換

オーバーフロー菅は、トイレタンクの水が溜まりすぎた時に水位を制御する部品です。

菅にひび割れがあると水が漏れだし、トイレの水が止まらなくなるため交換が必要になります。

オーバーフロー管の交換に必要な道具

オーバーフロー管の破損修理に必要な工具

1) モンキーレンチ

2) ウォーターポンププライヤー

3) 交換用のオーバーフロー管

STEP1 止水栓を閉めてください

トイレの止水栓を閉める

まずは給水管の止水栓を閉めることからはじめます。トイレだけでなく水周りで修理作業を行う際は必ず止水栓を閉めるようにしましょう。 マイナスドライバーを使用して右回り(時計回り)に回らなくなるまで閉めると水の配水を止めることができます。

STEP2 トイレタンク内の水を全て流してください

トイレタンクの水を流す

トイレタンク内に水が入った状態では作業ができないため、レバーハンドルを使って水を全て流し出します。本来ならば減った分の水が給水管から送られてきますが、止水栓を閉めているのでタンク内の水だけを流し出すことができます。

STEP3 給水管を外してください

給水管のナットを外す

オーバーフロー管を交換する際はトイレタンクを一度取り外すので給水管の接続を外しておく必要があります。モンキーレンチでナットを緩めて取り外しましょう。

給水管を外す

STEP4 トイレタンクを固定しているナットを外してください

トイレタンクの固定ナット

トイレタンクの固定ナットを外す

トイレタンクの固定ナットを外した後

トイレタンクはトイレ本体にもナットで固定されています。トイレタンクの裏底部分にナットがあるため、トイレの下に回り込むような形で固定ナットを外していきます。左右に2つのナットがあるので取り忘れのないようにご注意ください。

STEP5 トイレタンクを外してください

トイレタンクを取り外す

トイレタンクを真上に持ち上げて取り外します。トイレやトイレタンクは陶器なので壁にぶつけたり床に落としたりして割らないように気を付けつけて作業を行ってください。

STEP6 トイレタンク裏底のオーバーフロー管のナットを取り外してください

オーバーフロー管のナットを外す

オーバーフロー管を固定しているナットは写真のようにトイレタンクの裏底にあります。一般的なモンキーレンチではサイズを超えてしまうこともあるため、ウォーターポンププライヤーと呼ばれる専用工具を準備しておくと良いでしょう。

STEP7 オーバーフロー管を交換してください

オーバーフロー管の交換

固定ナットを外せばオーバーフロー管を交換することができます。

STEP8 元に戻して完了

オーバーフロー管を戻して完了

交換を終えたらトイレタンクを元に戻していきます。トイレタンクを外したときと同様に、取り付ける際も割らないように慎重に取り扱ってください。

最後に、止水栓を開けてもトイレの水が流れっぱなしになっていなければトラブル解決です。

修理方法4|手洗い管が故障している時の修理方法

トイレの水が止まらない時の対処方法④ 手洗い管の交換t

手洗い管がトイレトラブルを引き起こしている可能性もあり、ボールタップやオーバーフロー菅の交換でも改善しない場合は、手洗い管の修理を行ってみてください。

STEP1 止水栓を閉めてください

トイレの止水栓を閉める

応急処置で止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めないと、作業中に水が漏れてしまう恐れがあります。

STEP2 トイレタンク内の水を全て流してください

トイレタンクの水を流す

タンク内の水をなくした状態で作業を行うので、一旦水を流してください。止水栓が閉まっているので、新たに水が溜まることはありません。

STEP3 トイレタンクのフタを外す

トイレタンクのフタを外す

トイレタンクのフタを外します。そのまま外せるものは外して大丈夫です。蛇腹ホースが付いている場合は、蓋の裏のナットを外せばフタが取れます。

STEP4 手洗い管裏の接続部を閉める

手洗い管裏の接続部を閉める

外した蓋の裏を見ると、手洗い管を固定する器具が取り付けられています。これを回すことで、手洗い管を接続することができます。

故障している時は、接続部やパッキン、手洗い管の交換が必要になります。

無事に修理できていれば、トイレの水も止まっているはずです。

トイレの水が止まらない時は自分で修理を検討してみよう

今回は、自分でできるトイレの水が止まらない時の修理方法をご紹介させていただきました。

トイレの水が流れっぱなしになっている原因さえ把握することができれば自分でもかんたんに修理することができますので、是非お試しください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら