自分でできる蛇口やシャワーからお湯がでなくなった時の解決法

蛇口からお湯が出ない場合の解決法

お湯が出ない時の解決方法をご紹介

家の蛇口やシャワーからお湯が出なくなったというトラブルでお困りの方へ、今回はお湯が出なくなった原因から解決方法までをわかりやすく解説いたします。

キッチン、お風呂場、洗面所などの場所に関係なく作業できるので、トラブル解決方法として是非ご参考ください。

蛇口やシャワーからお湯が出ない時の原因

お湯が出ない3大原因

蛇口やシャワーからお湯が出なくなる時には、いくつかの原因が考えられます。

①蛇口やシャワーが壊れている
②給湯器が故障している
③ガスが遮断されている

お湯が出ないというトラブルの原因の多くはこちらの3つになります。
それぞれ解決方法が異なるため、まずはトラブル原因がどこにあるのかを確認していきましょう。

 

他の蛇口からもお湯が出ないか確認して原因を調べる

お湯が出ないか蛇口本体を確認する

例えば、お風呂場のシャワーからお湯が出なくなったケースで考えてみます。
シャワーからお湯が出ないことを確認したら、シャワーが接続されている水栓・蛇口からもお湯が出ないかどうかを確認します。

蛇口からお湯が出る場合は、シャワー本体や接続部に問題がある可能性があります。
しかし、蛇口からもお湯がでない場合は、さらに原因を確認していく必要があります。

 

他の蛇口・シャワーからもお湯が出ない場合は給湯器やガス設備に問題有り

別の蛇口からもお湯が出ないか確認する

お風呂場のシャワー・蛇口からお湯が出ないことを確認したら、続いて別の場所に設置されている蛇口からお湯が出るかどうかを確認します。
洗面所が近いと思うので、そのまま洗面台に設置されている蛇口でお湯の出を確認してみましょう。

別の蛇口からはお湯が出た場合は蛇口・シャワーの故障

一か所でのみお湯がでない場合はシャワーや蛇口の故障

別の蛇口からはお湯が出た場合、給湯器は正常に稼働していることがわかるため、お風呂場の蛇口、もしくはシャワーに問題があると特定できます。

別の蛇口からもお湯がでなかった場合は給湯器やガス設備

全ての蛇口からお湯が出ない場合は給湯器やガス設備の不良

別の蛇口からもお湯がでなかった場合は、給湯器やガス設備に問題があることがわかります。

このように、一か所でお湯が出ないことを確認したら、他の蛇口からもお湯が出なくなっているかどうかを確認してみましょう。

 

お湯が出ない原因の多くは給湯器の故障がほとんど

お湯が出ない原因の多くは給湯器の故障

これまでお湯が出ないトラブルに緊急出動してきましたが、原因の多くは給湯器の故障でした。
水栓蛇口の故障がトラブルとなるケースも少なくはないですが、大抵はお湯だけではなく水も出ないことが多いです。

また、原因の特定を急ぎすぎてしまったために、自分で蛇口を交換してみたけどお湯が出ないままだったということもありましたので、確実に原因がわかってから対象しましょう。

 

蛇口やシャワーを自分で交換して解決する

蛇口やシャワーを自分で交換する方法

もしも、蛇口やシャワーからお湯がでない原因が本体の故障の場合、故障している箇所、すなわち蛇口本体を丸ごと交換することで解決することができます。
水のレスキューでは、場所や種類別に蛇口の交換方法を写真でご紹介しているので、自分で交換修理することもできます。工具や交換用の蛇口をを揃える必要はあるものの、作業代を抑えることができます。

 

蛇口交換の前に確認しておきたい止水栓の閉まり具合

給水管が開いていることを確認しよう

キッチンや洗面所などの蛇口からは水とお湯の両方が出る混合水栓が使用されていることがほとんどです。
混合水栓は、お湯用と水用の給水管が準備されており、それぞれに止水栓が取り付けられています。

交換作業前に、お湯用の給水管のみ止水栓が閉まっていないかを確認してみましょう。自然に止水栓が閉まることはありませんが、家族の誰かが触ったという例も過去にありました。

 

給湯器が故障している場合の解決方法

給湯器やガス設備の不具合の場合の解決方法

蛇口やシャワーからお湯が出ない時に一番多い原因が給湯器の故障です。
給湯器は屋外型、屋内型の2パターンに分けられ、戸建て、アパート、マンションでは屋外型の給湯器が使用されていることがほとんどです。

給湯器の役割は、給湯器に通った水をお湯にして、家へと給水する役割を持つ、言わば「瞬間湯沸かし器」です。
給湯器が故障してしまうと、お湯が作れなくなるため家全体のお湯が出なくなってしまうのです。

経年劣化で給湯器が故障してお湯が出ない例

給湯器の寿命は約10年

給湯器の寿命は約10年と言われており、経年劣化によって突如、故障してしまうことがあります。
故障の前兆には下記のような症状がみられます。

・給湯器から異音がするようになった
・お湯の出が一定ではなかったり、お湯に切り替わるまでに時間がかかる

このように、給湯器を長く使用していると、使用している際に違和感を感じるようになります。
また、前兆がなくとも突然と壊れてしまうこともあります。

自然災害で給湯器が故障してお湯が出ない例

給湯器が自然災害で故障する例

給湯器の故障の原因として、凍結や地震、落雷などの自然災害によって引き起こされることがあります。
特に、寒い地域だと給水管が凍ってしまい、お湯が出なくなるケースもあります。ただし、給湯器本体の故障ではないので、自然と使えるようになることもあります。

このように、故障と言っても様々な原因で給湯器が機能しなくなってしまうのです。

自分で給湯器を自分で修理するのは非常に危険です

給湯器の修理は自分では難しい

給湯器はガスを取り扱う設備で、交換を行う際は資格を保有していなければいけません。
また、点検確認の際はガス漏れチェックも点検機を使用しなければ大事故に繋がる可能性があります。

配線も複雑で事故が起きる可能性もある

給湯器の修理や交換の際は、業者へのご連絡をお願いしております。
挑戦してみようという気持ちで望むと、ガスに引火して火災が起きる可能性もあります。

賃貸の場合、管理会社で修理・交換を手配してくれることも

オーナーが給湯器を修理してくれる場合も有り

賃貸のアパート・マンションの場合、給湯器が故障してお湯が出なくなった時は無償で対応してくれることがあります。
故意的な原因がなければ、使用し続けることで自然と壊れてしまうため、管理会社、もしくはオーナーで修理を行うケースが多いです。


もちろん、水のレスキューへもご依頼可能ですので、お急ぎの場合や本当に壊れてしまっているのかを確認したい時などお気軽にご相談ください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

ガスが遮断されている場合

ガスが遮断されている場合

ガスメーターにはガスの使い忘れを防止するために、一定の時間使い続けられていると遮断するというな機能が備わっています。
お湯が突然出なくなったというトラブルでも、こちらの原因が関係していることがあります。
普通は、生活に支障が出ないような時間が設定されているので発生確率は少ないですが、長時間ガスを使用していたという時は、ガスメーターの表示を確認してみましょう。

お湯が出なくなったらまずは原因確認から

お湯が出なくなたら原因の確認からはじめる

蛇口やシャワーからお湯が出なくなった場合、まずは各部屋の蛇口からもお湯がでないかどうかなど確認して、原因確認からはじめましょう。
原因がわかれば、無駄な点検も必要ないので、スムーズにトラブルを解決できます。

水のレスキューでは24時間体制で水トラブルのご相談をお受けしております。スマホからでも無料で通話できるのでお気軽にご連絡ください。

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

水漏れやつまり修理は水のレスキューへ

作業の流れ

  1. STEP01

    作業の流れ1

    急なトラブルにご対応いたします。

  2. STEP02

    作業の流れ2

    すぐに0120-365-032までお電話ください。

  3. STEP03

    作業の流れ3

    エリア内のスタッフが急行いたします。

  4. STEP04

    作業の流れ4

    スタッフが最速5分で現場に到着いたします。

  5. STEP05

    作業の流れ5

    すぐさま作業を行い、トラブル原因を修理いたします。

  6. STEP06

    作業の流れ6

    修理状況をお客様に確認していただき問題なければ、お支払いとなります。

動画はこちら

水のトラブル、お電話1本ですぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

水のトラブル、お電話1本で
すぐに駆けつけます!

0120-365-032 スマホ・携帯・PHSからでもOK! お気軽にお電話ください!

24時間365日! 日本全国どこでも出張します!

ここをタッチして今すぐ電話する

支店・店舗を探す

>> 全国一覧はこちら